小さな目撃者たち(名探偵コナン281話)のあらすじ!登場人物や声優も

シーズン7少年探偵団

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第281話「小さな目撃者たち」の登場人物やあらすじについてご紹介させていただきます。

事件ファイル概要

事件ファイル
    ■ 話数:
    第281話
    ■ 事件ファイル名:
    小さな目撃者たち
    ■ 放送日:
    2002年6月10日
    ■ 放送曜日:
    月曜日
    ■ 主題歌:
    OPテーマ I can’t stop my love for you(愛内里菜)
    EDテーマ 夢みたあとで(GARNET CROW)
    ■ BACK:
    ⇒ 第280話「迷宮のフーリガン(後編)」
    ■ NEXT:
    ⇒ 第282話「水流るる石庭の怪(前編)」

Sponsored Link

登場人物

主要キャラ

江戸川 コナン
CV:高山みなみ

毛利 小五郎
CV:神谷明

小嶋 元太
CV:高木渉

円谷 光彦
CV:大谷育江

吉田 歩美
CV:岩居由希子

ゲスト

倉田 栄三
CV:青森伸
倉田運輸の社長。

鈴木 竜夫
CV:田原アルノ
倉田運輸の専務。

山岸 かおり
CV:日野由利加
倉田運輸の事務員。

太田 恵
CV:大原さやか
倉田運輸の事務員。

TVのナレーション
CV:千葉一伸

Sponsored Link

あらすじ

事件発生

薄暗がりの中、元太、光彦、歩美の3人は廃ビルの中で強盗事件や誘拐事件のごっこ遊びをしていました。すると、ガシャーンという物音とともに争っているような声が聞こえてきました。

声がした隣の部屋をこっそり覗いてみると、1人の男がもう1人の男を長い棒のようなもので叩いているところでした。そして叩かれた男は打ち所が悪かったらしく、床に倒れたまま動かなくなってしまいました。

元太たちは本物の殺人現場を目撃してしまい、その恐ろしさから進むことも退くこともできなくなってしまいました。歩美は震えながらDBバッジを取り出し、コナンに事件だと呼びかけます。

コナンと歩美が話している間、じっと窓の外を確認していた光彦は、犯人が軽トラックに被害者を乗せて運び出そうとしていることに気づき、咄嗟に軽トラックの荷台に飛び乗りました。

光彦に続いて元太と歩美も飛び乗ったのですが、歩美はコナンと交信していたDBバッジを落としてきてしまったことに気づきました。

──が、すぐに車が発進したため取りに戻ることは不可能。歩美はDBバッジを諦め、光彦たちと一緒に荷台の段ボール箱の影に身を潜めました。

知らない景色

しばらくして、歩美がそっと外の様子を確認すると、そこは全然知らない街でした。

同じように元太も外を覗くと、大好きな『仮面ヤイバー』の放送を電気屋のテレビで見ることができました。──が、視聴できたのも束の間、元太たちを乗せた軽トラックはすぐに電気屋から遠ざかってしまいました。

歩美たちが電車の音を耳にした後、軽トラックは舗装されていない山道を走っているようでガタガタと揺れ始めました。

そしてトラックが止まり、犯人は荷台から遺体を下ろしました。元太たちが息を潜めていると、シャベルで穴を掘る男が聞こえてきました。

遺体を埋めた後、犯人は軽トラックで来た道を戻って行きます。元太たちは、信号待ちで停車した隙に荷台から飛び降りて脱出し、近くの電話ボックスからコナンに電話をかけ、事件の概要や軽トラックのナンバーを伝えました。

明くる日

翌日、元太たちはコナンと小五郎と一緒に犯行現場の廃ビルを訪れ、倉田という人物によって鈴木という名前の人が殺害されたことを説明します。

小五郎が軽トラックのナンバーから車の持ち主を調べた結果、倉田運輸の所有物だったことが判明。そこでコナンたちは、直接倉田運輸を訪ねることにしました。

すると元太たちは、事務所に飾ってある社長の肖像画を見て『この人が犯人だ!』と叫びました。事務員の山岸かおりと太田恵の話によると、社長の倉田栄三はいつも昼過ぎに出社するらしく今日はまだ来ていないようです。

コナンが鈴木という名前の従業員について尋ねると、かおりは専務の鈴木竜夫だと説明。しかし、その鈴木専務は昨夜から行方不明になっているといいます。

倉田と鈴木は20年前に倉田運輸を立ち上げ、今では誰もが認める犬猿の仲だったようです。最近では『鈴木が独立するのではないか』と従業員の間で噂されていました。

それを知ったコナンは、元太たちが言った通り倉田社長が鈴木専務を殺害したのは間違いなさそうだと考えます。

Sponsored Link

勘違い?

コナンたちは、昨夜と同じナンバーの軽トラックを調査してみることにしました。しかし荷台は片付けられ、証拠は何一つ残っていませんでした。

小五郎は元太たちの勘違いだと決めつけ、『くだらねェ探偵ごっこばっかやってるから錯覚するんだ!』と文句を言い残して帰ってしまいました。

証拠がない以上、遺体を見つけ出す他ありません。コナンは、被害者を埋めたと思われる場所を突き止めるため、歩美たちの証言を元に道順を推理をするのですが──。

関連記事

まとめ

■ BACK:
⇒ 第280話「迷宮のフーリガン(後編)」
■ NEXT:
⇒ 第282話「水流るる石庭の怪(前編)」

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第281話「小さな目撃者たち」の登場人物やあらすじについてご紹介させていただきました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう