対岸の事件(名探偵コナン978話)のネタバレ!犯人がいっぱい!?

シーズン25

こちらの記事では、アニメ「名探偵コナン」の第978話「対岸の事件」のネタバレを紹介しています。

バードウォッチングもとい人間観察をしていたコナンたち少年探偵団は、対岸の公園で張り込み中の高木刑事たちを発見!どうやら誘拐事件の身代金の受け渡しが行われているようです。

反対側の岸に行こうとしても時間がかかるため、コナンたちは双眼鏡越しに見守ることに。そして犯人は高木刑事らによって確保されたのですが、コナンには何か引っかかるものがありました

この『コナンが気になったこと』も含めて、その後の展開をネタばらししていこうと思います!

関連記事

ネタバレ

犯人は捕まったけど…

柴田に声をかけ、高木刑事たちに捕まった男・田中は、なんと、特殊詐欺の受け子でした。先ほどコナンが引っかかっていたのは、田中が妙にオドオドしていたことでした。誘拐事件の犯人が挙動不審になったり落ち着きなく周囲を警戒するのは不自然だと感じていたのです。

そして、田中の詐欺被害に遭いかけた女性を米花銀行が保護していることが判明し、田中が今回の誘拐事件とは無関係な人物だということが証明されました。つまり、誘拐犯は他にいるということです。

Sponsored Link

少年探偵団の推理

田中が連行された後、きっと誘拐犯は田中の件に気づいてないよね!?ということで、高木刑事は他の刑事たちを元の配置に戻して仕切り直すことに。そしてコナンたちも、再び双眼鏡で不審な人物のチェックを始めます。

しばらくして、刑事たちがピリピリした雰囲気を醸し出しました。コナンは、犯人が指定した時刻が迫っているのだと察します。

そこで元太は、噴水の左側のベンチに座っているスーツ姿の男性が怪しいと睨みます。会社に勤めてんなら公園なんかにいるわけがない、と。

光彦が選んだ怪しい人物は、噴水の傍の原っぱにいる浴衣を着た大柄な男性です。一見、四つ葉のクローバーを探しているように見えますが、如何にも悪そうな顔をしてます、と。

そして歩美は、鉄棒のところでずっと体操をしている帽子を被った男性を疑います。ずーっと準備運動してるから、これから何かするつもりなんじゃないかなァ?と。

次こそ犯人か!?

コナンたちが不審者を捜していると、川に落ちて溺れかけている男性を発見。当然、張り込んでいた刑事は持ち場を離れて男性の救助に向かいます。

その直後、パーカーを着た若い男性が柴田に駆け寄りバッグを奪おうとします。柴田はバッグを盗られまいとしっかり抱きかかえ、男からミカの居所を聞き出そうと試みます。──が、男は強引にバッグを奪うとそのまま逃げ出しました。

そこで高木刑事は『確保だ!』と指示を出し、刑事たちによって男は取り押さえられました。今度こそ『柴田ミカちゃん誘拐の罪』で犯人を逮捕することができました。

元太、光彦、歩美がバンザイをして喜んでいると、何故かコナンは『違う!』と発言。確保した男はフェイクで、犯人は別にいるというのです…。

Sponsored Link

コナンの推理

コナンは、川に落ちた男や身代金を受け取りに来た男は犯人にお金で雇われた者たちだと推理します。

犯人の狙いは、金で雇った男を川に飛び込ませて注意を逸らし、そのどさくさにもう1人の男に身代金を強奪させることだったのです。

そしてコナンが犯人だと睨んだのは、噴水の傍のベンチに座って本を読んでいる男性です。

普通、人が川に落ちたら誰もが驚きそちらに注目するはずです。さらにそのあと、柴田のバッグが奪われたとしたらそちらにも注目するはずです。

しかし、ベンチに座っている男だけは全く動じませんでした。つまり、その男は人が川に落ちることも捕り物騒ぎが起きることも知っていたということです。

コナンは高木刑事に電話をかけ、推理を伝えようとします。──が、高木刑事はたった今逮捕した男にミカちゃんの居所を追求中のため、着信に気づいてくれません。

そこでコナンは腕時計に太陽の光を集め、それを千葉刑事の顔に反射させてアピールをします。その眩しさから光の元を辿った千葉刑事の視線は、対岸にいるコナンたちの姿を捉えました。

すぐに察した千葉刑事はコナンの電話に応答し、コナンから犯人が別にいることを知らされました。そしてコナンの指示でブランコへと急行します。

犯人が消えた…!?

コナンは、千葉刑事に『グレーのジャケットを着た男が犯人だ』と伝えます。犯人は、約束を破って警察に知らせた柴田を怒っているはずです。ここで捕まえなければ誘拐されたミカちゃんの命が危険にさらされてしまいます。

しかし、千葉刑事が付近を捜索してもグレーのジャケットを着た男などどこにも見当たりません…。

コナンと千葉刑事が焦りを感じた時、哀は『リバーシブル!』と発言し、犯人がジャケットを裏返して逃走を図ろうとしているのではないかと推理しました。

哀から『何か他に特徴はなかったの?』と追求されたコナンはハッとし、犯人がピンク色のスニーカーを履いていたことを思い出しました。

事件解決

コナンから犯人の特徴を聞いた千葉刑事は、公園を出てすぐのところで犯人を発見。誘拐事件のことを尋ねると、犯人はあっさり罪を認めて両手を差し出しました。

その後、千葉刑事たちが犯人を取り調べた結果、溺れた男や金を強奪しようとした男はコナンの推理通り、犯人に金で雇われただけだったことが判明しました。

そして誘拐されたミカちゃんは、犯人の自宅から無事に救出されたのでした。

関連記事

Sponsored Link

エピローグ

光彦は、誘拐事件と特殊詐欺事件を2つ同時に解決できたことを喜びます。しかし、元太はほとんど活躍できなかったことに不満気な様子。

そして数日後、コナンたちは探偵事務所の屋上で再び推理力向上のために人間観察もとい職業当てゲームを始めました。

すると、カメラを持った怪しい人物を発見!カメラマン?カメラ小僧?という意見が飛び交う中、哀は『探偵を探偵してるのかも?』と推理します。つまり、探偵が小五郎の調査をしているということです。

実はこの時、探偵事務所では小五郎がいつもの窓際の席に座って居眠りをしていたのです。コナンは呆れ果て、『おっちゃん…、仕事しようぜ…』と心の中で呟いたのでした。

まとめ

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第978話「対岸の事件」のネタバレを紹介させていただきました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう