クイズ婆さん失踪事件(名探偵コナン273話)あらすじ!登場人物も

シーズン7少年探偵団

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第273話「クイズ婆さん失踪事件」の登場人物やあらすじについてご紹介させていただきます。

事件ファイル概要

事件ファイル
    ■ 話数:
    第273話
    ■ 事件ファイル名:
    クイズ婆さん失踪事件
    ■ 放送日:
    2002年4月8日
    ■ 放送曜日:
    月曜日
    ■ 主題歌:
    OPテーマ I can’t stop my love for you(愛内里菜)
    EDテーマ 夢みたあとで(GARNET CROW)
    ■ BACK:
    ⇒ 第272話「隠して急いで省略(後編)」
    ■ NEXT:
    ⇒ 第274話「幽霊屋敷の真実 (前編)」

Sponsored Link

登場人物

主要キャラ

江戸川 コナン
CV:高山みなみ

小嶋 元太
CV:高木渉

円谷 光彦
CV:大谷育江

吉田 歩美
CV:岩居由希子

ゲスト

大森 静(おおもり しずか)
CV:高村章子
65歳。公園で猫の世話をするお婆さん。

西山 せつ子(にしやま せつこ)
CV:鈴木れい子
62歳。静の隣人。

矢吹 丈二(やぶき じょうじ)
CV:小野健一
25歳。

望月 利男(もちづき としお)
CV:岸野一彦
50歳。

Sponsored Link

あらすじ

コナンは、元太と光彦から『歩美に外国人のボーイフレンドができたらしい』と相談を受け、歩美がいつもデートをしているという公園へ様子を見に行くことにしました。

ところが、ベンチに腰掛ける歩美の隣にはお婆さんが座っているだけで外国人のボーイフレンドなどどこにも見当たりません。

それどころか、歩美はそのお婆さん・大森静と一緒にクイズの謎解きをしていてとても楽しそうな様子が窺えます。

元太と光彦は、歩美にボーイフレンドができたわけではなかったのだと知って安堵しました。

 

このあと、歩美と静のもとに何匹もの猫がやってきました。2人がその猫たちをジャッキーやスティーブなどと呼んでいることから、コナンは光彦たちが外国人のボーイフレンドだと勘違いしたのも無理はないと感じました。

歩美たちが猫の世話を始めると、そこに1人の若者・矢吹丈二がやってきました。矢吹は、車のボンネットに猫が入っていたと激怒し、猫を寄越せと静に詰め寄ります。

歩美の身の危険を感じた元太と光彦は、隠れていた茂みから飛び出し、歩美を庇うように矢吹の前で両手を広げました。

そして弱い者イジメは許さない、と真剣な表情の光彦たちに圧倒された矢吹はチッと舌打ちし、逃げるように去って行きました。

助けたことで静に感謝された元太と光彦は、当然だと言わんばかりに満面の笑みを浮かべ、歩美と一緒に猫の世話を始めました。

この猫たちは人間の勝手な都合で捨てられた野良猫で、静は貰い手を探しながら面倒を見ているといいます。しかし、ここのところ体の調子が良くないらしく、静は猫の薬を歩美に預けました。

 

そして翌日。さっそく公園にやってきたコナンたちは、協力して猫の世話を始めました。

しかし、いくら待っても静が現れる様子はありません。心配になった歩美は、これから静の家に行ってみようと提案しました。

こうして静の住むアパート『トキタ荘』を訪ねたのですが、何度呼びかけても静は応答しません。

コナンが郵便受けを確認すると、昨日の夕刊から新聞が溜まったままになっています。つまり、静は昨日から帰っていないということです。

静の隣の部屋に住んでいる西山せつ子によると、静は公園の傍の江崎という老人の家でお手伝いさんをしていて、よく江崎を伊豆の温泉に連れて行ったりととても親身に世話をしていたといいます。

しかし今からちょうど1カ月前、江崎が風呂場で頭を打って亡くなり、静は暇を出されてしまったようです。そして現在、その家には江崎の甥が住んでいるそうです。

さっそくコナンと光彦は江崎家を訪ね、江崎の甥・望月利男から静に関する情報を聞き出すことにしました。

しかし、望月は心配しなくてもそのうち戻って来るだろう、と言うだけで何も手掛かりは掴めませんでした。

この時、コナンは家中に飾られた猿の置物に注目しました。どれも高価なものばかりで、見ざる聞かざる言わざるという有名な三猿の置物までもが展示されていました。

 

このあとコナンたちは公園に集合し、得た情報をそれぞれ交換し合います。しかし、静の行方に関する手掛かりは何もなく、ただただ途方に暮れるばかりでした。

そこに野良猫・ブルースがやってきました。歩美は、ブルースの首に静のスカーフが巻かれていることに気づきました。

そのスカーフを広げてみると、漢字の『日』が8つ書かれています。さらにスカーフの端には血痕が付着しており、コナンは静が事故や事件に巻き込まれた可能性があると考えます。

恐らく、怪我をしたか閉じ込められたかで身動きが取れなくなった静がスカーフに暗号を記し、それをブルースに託したのです。つまり、その暗号を解かなければ静の居場所はわからないということです。

その時、歩美は静から貰ったクイズの本の中に同じ問題があったことを思い出しました。それは『日』に1本線を足して別の漢字にしなさいというものでした。

『日』に1本棒を足すとなると、目、白、田、旧、由、甲、旦、申と8個の漢字が浮かび上がります。

元太、光彦、歩美はこの不思議な暗号を前にして頭を抱えました。その一方で、コナンはこの暗号が意味するモノに気づいたのですが──。

関連記事

Sponsored Link

まとめ

■ BACK:
⇒ 第272話「隠して急いで省略(後編)」
■ NEXT:
⇒ 第274話「幽霊屋敷の真実 (前編)」

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第273話「クイズ婆さん失踪事件」の登場人物やあらすじについてご紹介させていただきました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう