Jリーグの用心棒(名探偵コナン907話)のあらすじ!登場人物や声優も

シーズン23少年探偵団

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第907話「Jリーグの用心棒」の登場人物やあらすじについてご紹介させていただきます。

事件ファイル概要

事件ファイル
    ■ 話数:
    第907話
    ■ 事件ファイル名:
    Jリーグの用心棒
    ■ 放送日:
    2018年7月14日
    ■ 放送曜日:
    土曜日
    ■ 主題歌:
    OPテーマ カウントダウン(NormCore)
    EDテーマ 神風エクスプレス(焚吐×みやかわくん)
    ■ BACK:
    第906話「七年後の目撃証言(後編)」
    ■ NEXT:
    ⇒ 第908話「川床に流れた友情」

Sponsored Link

登場人物

主要キャラ

江戸川 コナン
CV:高山みなみ

毛利 小五郎
CV:小山力也

小嶋 元太
CV:高木渉

円谷 光彦
CV:大谷育江

吉田 歩美
CV:岩居由希子

灰原 哀
CV:林原めぐみ

高木 渉
CV:高木渉

赤木 英雄
CV:辻谷耕史
東京スピリッツの選手。

遠藤 保仁
CV:遠藤保仁
ガンバ大阪の選手。

ゲスト

岩貞 和明(いわさだ やすあき)
CV:岩永哲也
40歳。Jリーグ職員。

宮本 梨沙(みやもと りさ)
CV:後藤邑子
22歳。東京スピリッツ・ホペイロ。

土濃塚 友市(どのづか ゆういち)
CV:古澤徹
45歳。東京スピリッツ・ホペイロ。

Sponsored Link

あらすじ

東京スピリッツVSガンバ大阪の始球式を務めることになった小五郎は、コナン、元太、光彦、歩美、哀を連れて東都スタジアムにやってきました。

Jリーグ職員・岩貞和明の案内でスタジアム内の施設を回った後、今度は選手たちのロッカールームを見学することに。

その手前にあるラウンジでヒデこと赤木英雄のサインを見つけた歩美は大はしゃぎ。歩美は、今日から復帰するヒデのために特別なスポーツドリンクを用意してきたことを打ち明けます。

すると、ホペイロの土濃塚友市が『試合前の飲食物の差し入れはイエローカードだ』と歩美を注意し、そそくさとラウンジを出て行きました。

コナンは土濃塚の感じ悪い態度に眉を顰め、歩美はイエローカードと言われたことにショックを受けて今にも泣きそうな表情を浮かべます。

そこで哀は、ドーピングに引っかかる恐れがあるため飲食物の差し入れは難しいと歩美を宥めます。

歩美は眉を下げてジッと水筒を見つめ、『じゃあこれは持って帰るね』と力なく笑いました。すると岩貞は、試合が終わったあとで渡すのはOKだと説明します。

この岩貞の言葉と小五郎のジョークもあって、歩美の表情はパッと明るくなりました。

選手たちが飲むことになっているのは、スタジアムに用意された公式スポーツ飲料です。開催スタジアム限定のパッケージ且つ未開封のペットボトルなので、中身を心配することなく飲めるのです。

 

このあと、コナンたちがスピリッツのロッカールームにやってくると、そこでは土濃塚が同じホペイロの宮本梨沙に厳しく指導をしていました。

土濃塚が去った後、元太たちは先ほど歩美が土濃塚にイエローカードだと言われたことを梨沙に話します。

すると梨沙は、土濃塚が注意したのはホペイロとしてのプライドが人一倍強いからだと説明しました。

ホペイロとはポルトガル語で用具係という意味で、スパイクやウエア、ドリンクなどを用意し、選手がストレスなく試合に集中できる環境を作るとても大切な役割を担っているのです。

 

その後、スピリッツの選手を乗せたバスが到着し、歩美はヒデに特別なドリンクを差し出しました。ヒデは『最高の差し入れだよ』と嬉しそうに笑い、歩美の手からドリンクを受け取りました。

ヒデに優しくされた歩美は舞い上がり、彼が去った後も体をくねらせて余韻に浸ります。

その一方で、梨沙は歩美がドリンクを渡したため、ヒデの分のドリンクが余ってしまうと困惑していました。

そこで小五郎はラッキーと言って梨沙の手からドリンクを奪い、ゴクゴクと喉を鳴らして飲み始めました。

その時、ガンバ大阪の選手・遠藤保仁が現れ、コナンに声をかけてきました。以前、コナンは遠藤にシュートの仕方を教えてもらったこともあり、2人は顔見知りでした。

そして遠藤は小五郎に気づき、大ファンだと言って握手を求めました。

 

このあと、珍しいPKスタイルの始球式に小五郎が登場しました。

見るからに体調が悪そうな小五郎はお腹を押さえながらチョンとボールを蹴り、その無様な姿に観客たちは大笑い。

こうして始球式が終わった後、医務室を訪ねた小五郎は下痢と診断されました。

この時、コナンは公式スポーツ飲料のキャップを開ける医師の姿を見て、小五郎がキャップを開けた時との違いに気づきました。

 

試合中、元太、光彦、歩美がスタンドで応援する間、コナンと哀は小五郎が飲んだ公式スポーツ飲料について調査していました。コナンは、小五郎の下痢の原因がこのドリンクにあると考えていたのです。

そして聞き込みやスタジアム内を調査した結果、給湯室のごみ箱の中で決定的な証拠を発見し、小五郎に体調を崩させた犯人の正体を見破ったのですが──。

関連記事

Sponsored Link

まとめ

■ BACK:
第906話「七年後の目撃証言(後編)」
■ NEXT:
⇒ 第908話「川床に流れた友情」

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第907話「Jリーグの用心棒」の登場人物やあらすじについてご紹介させていただきました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう