名探偵コナン第984話キッドVS高明 狙われた唇(後編)のあらすじ!キッドがピンチ!?

シーズン25平次X和葉

前回に続いて、アニメ「名探偵コナン」の第984話「キッドVS高明 狙われた唇(後編)」の登場人物やあらすじについてご紹介させていただきます。

事件ファイル概要

事件ファイル

Sponsored Link

登場人物

主要キャラ

江戸川 コナン
CV:高山みなみ

毛利 小五郎
CV:小山力也

毛利 蘭
CV:山崎和佳奈

服部 平次
CV:堀川りょう

遠山 和葉
CV:宮村優子

怪盗キッド
CV:山口勝平

鈴木 次郎吉
CV:富田耕生

警察

中森 銀三
CV:石井康嗣
警視庁捜査二課の知能犯捜査係の警部。

諸伏 高明
CV:速水奨
長野県警捜査一課の警部。

大和 敢助
CV:高田裕司
長野県警捜査一課の警部。

上原 由衣
CV:小清水亜美
長野県警捜査一課の刑事。

高木 渉
CV:高木渉
警視庁捜査一課強行犯三係の刑事。

佐藤 美和子
CV:湯屋敦子
警視庁捜査一課強行犯三係の刑事。

ゲスト

山本 萌奈(やまもと もえな)
CV:明坂聡美
21歳。会社員。

鳥越 苗路(とりごえ なえじ)
CV:浪川大輔
45歳。宝石ブローカー。

諸伏 景光(幼少)
CV:金元寿子

Sponsored Link

あらすじ

前編のおさらい

コナンと平次は、世界最大級のコンクパール『フェアリーリップ(妖精の唇)』を狙っている怪盗キッドと対決するため、鈴木財閥が所有する鈴木ミュージアムにやってきました。

次郎吉がキッドに挑戦状を出したことで中森警部が機動隊員を引き連れて警護を始めたのですが、そこには長野県警の諸伏高明警部も来ていました。

今回、キッド対策として用意された仕掛けは、フェアリーリップを硬質ガラスでできた部屋の巨大な氷柱の中に入れて展示するというものです。

たとえキッドがガスバーナーを使って氷を融かそうとしても時間がかかるし、ドリルで穴を開ければ宝石に傷をつけてしまいます。

──が、和葉に変装したキッドは、まるで仕掛けなど無いかのように易々と宝石を盗んで行きました。

第983話「キッドVS高明 狙われた唇(前編)」のあらすじ

フローラルアイスパフォーマンス

キッドが氷柱の中にたくさんの宝石を増殖させるマジックを見せたことで、一同は戸惑いの表情を見せました。しかし、冷静に氷柱を見つめた諸伏警部は、『フローラルアイスパフォーマンス』だと説明。

それは電気ドリルで氷の内側を掘り、食用色素などで着色し、まるで氷の中に本物の花が存在しているかのように見せるアートのことで、キッドはそれを花ではなく宝石でやって見せたのです。

コナンは、キッドが氷にかかっていたシートの内側に潜り込み、明かりを点けてドリルで細工したと推理します。その証拠に、氷の傍にはドリルや懐中電灯、手袋などが置いたままになっています。

となると、怪しいのは部屋に入った平次と和葉です。さっそく中森警部が二人を調べようとすると、和葉は平次にギュッとしがみつき、助けを求めました。

「助けて平次!このままやと、ウチ裸にされてしまう……」
「はっ、裸はアカン!!」

焦った平次は、入り口についているセンサーを通って反応するか確かめてみようと提案。そして和葉を連れてセンサーを通り抜けた結果、アラームは鳴らず、なんとか疑いを晴らすことができました。

仕上げといくか!

うまくその場を切り抜けたキッドは、全く警戒心を持たない西の高校生探偵を鼻で笑い、最後の仕上げをすることにしました。

和葉からスマホをとって欲しいと言われた中森警部は、氷の傍に落ちていたスマホを拾い、部屋の外にいる平次に手渡しました。

そこでコナンは、突然ガッツポーズした和葉に声をかけました。

「ねェ、和葉ねえちゃん。もしかしてトイレ我慢してるの?さっきからずーっと膝閉じて屈み気味だけど」
「せ、せやねェ。冷房でちょっと冷えてしもて…」

コナンは、和葉に変装したキッドが身長を誤魔化すためにわざと屈んでいると察しました。しかし、何の疑いも持たずデレデレしている平次は、和葉を連れてさっさとトイレへ行ってしまいました。

長野県警からの連絡

このあと、諸伏警部の携帯に大和警部と上原刑事から連絡が入りました。どうやらキッドを捕まえたら知らせる約束になっていたらしく、待ちきれない大和警部が先に電話をかけてきたようです。

諸伏警部はあっさりと負けたことを伝え、『将為るの道は、勝を以て喜びと為す勿く、敗を以て憂いと為す勿し』と説明しました。つまり、勝敗は未だ決しておらず、これからだと言っているのです。

一方、上原刑事は諸伏警部宛ての封筒の方が気になるらしく、その中身が何だったのか尋ねました。諸伏警部は明日受け取る予定になっていると説明し、担当の刑事が弟の知り合いかもしれないと打ち明けました。

この時、諸伏警部は元警察官の弟が今何をしているのか考えを巡らせていました。

Sponsored Link

平次と和葉

小五郎は、和葉にべったりな平次を見て『なんだかんだで仲良いな』と呟きました。そこでコナンは、平次が和葉にくっついているのはキッドを逃がさないためだと説明。

「だってあの和葉ねえちゃん、怪盗キッドなんだもん」

コナンの衝撃発言に絶叫する小五郎と蘭。さらにコナンは、キッドが逃げ出せない理由を説明しました。

一方、和葉と二人きりになった平次は、和葉を壁際まで追い込み、片手を壁について逃げ道をなくしました。この時、退路を断たれたキッドは内心焦りまくっていました。

「ええ加減にせェよ、さっきからしょうもないことぬかしよって。どうやら黙らせるには、そのふざけた口塞がなアカンみたいやな」
(おいおいおい… 待て… 待てェーッ!)

そして、平次は和葉にキスをしようと顔を近づけたのですが──。

関連記事

まとめ

■ BACK:
第983話「キッドVS高明 狙われた唇(前編)」
■ NEXT:
第985話「二つの素顔(前編)」

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第984話「キッドVS高明 狙われた唇(後編)」の登場人物やあらすじについてご紹介させていただきました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう