名探偵コナン第980話完全犯罪のススメのあらすじ!登場人物や声優も

シーズン25

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第980話「完全犯罪のススメ」の登場人物やあらすじについてご紹介させていただきます。

事件ファイル概要

事件ファイル

Sponsored Link

登場人物

主要キャラ

江戸川 コナン
CV:高山みなみ

毛利 小五郎
CV:小山力也

警察

目暮 十三
CV:茶風林
警視庁捜査一課強行犯三係の警部。

高木 渉
CV:高木渉
警視庁捜査一課強行犯三係の刑事。

佐藤 美和子
CV:湯屋敦子
警視庁捜査一課強行犯三係の刑事。

千葉 和伸
CV:千葉一伸
警視庁捜査一課強行犯三係の刑事。

刑事
CV:高橋大輔、中野泰佑

ゲスト

浜中 操(はまなか みさお)
CV:園部啓一
57歳。犯罪アドバイザー。

和田 竜実(わだ たつみ)
CV:白熊寛嗣
39歳。無職。

Sponsored Link

あらすじ

高木刑事の依頼

ある日、毛利探偵事務所に高木刑事と佐藤刑事がやってきました。そこで両刑事は、最近都内で起きているおかしな事件について小五郎に打ち明けました。

事件の資料によると、その内容は結婚詐欺、銀行強盗、空き巣、と一見バラバラな事件に見えます。──が、これらの事件で捕まった犯人たちは、皆口を揃えて『犯罪アドバイザーから犯罪計画書を買い取った』と供述しているといいます。

その自称・犯罪アドバイザーはかなり用心深い男で、警察は最近になってようやく居所を突き止めることに成功。そこで高木刑事は、警察側のアドバイザーになって欲しいと依頼しました。

小五郎は『アドバイザーには優秀なアドバイザーをってヤツだな』と二つ返事で承諾し、高木刑事たちと敵のアジトへ乗り込むことにしました。

犯罪アドバイザーの正体

無理矢理ついてきたコナンを含め、小五郎、佐藤刑事、高木刑事の4人は高層ビルの前にやってきました。どうやら、このビルの中に犯罪アドバイザーの事務所があるようです。

さっそく浜中企画のオフィスを訪ねると、犯罪アドバイザーの浜中繰は『現代のプロフェッサー・ジェームズモリアーティ』と名乗り、快く小五郎たちを招き入れました。

そして浜中は、私の指示に従えば必ず完全犯罪が成立すると説明し、何が望みなのか小五郎たちに尋ねました。そこで佐藤刑事は警察手帳を提示し、指南書を浜中に突き付けました。

警察が来たことに驚く様子はなく、浜中は指南書を指差して『どれも私が書いた犯罪小説のプロットだ』と発言しました。つまり、犯罪計画書を売ったことをあっさり認めたということです。

佐藤刑事VS犯罪アドバイザー

コナンは、浜中のプロットを利用した人間がみんな逮捕されており、これでは完全犯罪になっていないと指摘します。するとムキになった浜中は、捕まっていない犯罪がたくさんあると小馬鹿にしたように笑いました。

そこで佐藤刑事は浜中に手錠をかけ、教唆の疑いで緊急逮捕しました。そして今までにかかわった犯罪について全て話すように命じます。

佐藤刑事に圧倒された浜中は未解決になっている5つの事件について告白し、それを高木刑事がデータにまとめて本庁にいる目暮警部に送りました。

Sponsored Link

容疑者の確保

高木刑事から送られてきたプロットのデータをもとに、目暮警部はすぐさま容疑者を確保するように刑事たちに命じます。

そして義雄ちゃん誘拐人質事件、宝塚お宝アイテム殺人事件、垂れ耳うさぎお散歩事件、ロックンローラーコスプレ未遂事件の容疑者が逮捕され、残るは『石神隆復讐計画』のプロットのみとなりました。

容疑者がいない!?

石神隆復讐計画のプロットは殺人事件コースの完全版で、殺害方法は無臭のガスを使用して建物ごと爆破することになっています。

警察はプロットを購入したとされる和田竜実の自宅に踏み入りましたが、そこに和田はいませんでした。プロットによると犯行時刻は今日の午後4時で、残り1時間しかありません。

その頃、千葉刑事は和田のターゲットと思われる石神隆を保護し、付近にガス爆発に使用するボンベや器具が隠されていないか調査を始めました。

犯行時刻まで残り30分。未だに和田に関する手掛かりは掴めず、目暮警部は焦りを感じたのですが──。

関連記事

まとめ

■ BACK:
第979話「探偵を引きずり回す」
■ NEXT:
第981話「坊っちゃん亭へようこそ(前編)」

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第980話「完全犯罪のススメ」の登場人物やあらすじについてご紹介させていただきました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう