セレブ夫婦の秘密(名探偵コナン856話)ネタバレや登場人物は?

シーズン22

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第856話「セレブ夫婦の秘密」の登場人物やあらすじ、犯人などのネタバレについてご紹介させていただきます。

事件ファイル概要

事件ファイル

Sponsored Link

登場人物

主要キャラ

江戸川 コナン
CV:高山みなみ

毛利 小五郎
CV:小山力也

目暮 十三
CV:茶風林

高木 渉
CV:高木渉

千葉 和伸
CV:千葉一伸

ゲスト

林 吉江(はやし よしえ)
CV:西宏子
62歳。マンション管理人。

松田 巧(まつだ たくみ)
CV:浜田洋平
23歳。宅配員。

前原 聖一(まえはら せいいち)
32歳。デイトレーダー。

前原 早紀(まえはら さき)
CV:本間ゆかり
29歳。聖一の妻。

保利 舞子(ほり まいこ)
CV:森永理科
28歳。早紀の友人。

Sponsored Link

あらすじ

小五郎とコナンは、迷子の猫を探し出し、マンションの5階に住む依頼人に届けた。
その時、下の階から女性の悲鳴が聞こえてきた。
小五郎とコナンが駆けつけると、「前原」と表札がかかった部屋の前に、マンションの管理人である林吉江、宅配員の松田巧、保利舞子の3人が集まっていた。
吉江は、前原の部屋が荒らされており、床に血がついているため怖くて中に入れないと話す。
小五郎とコナンが部屋の中へ入ると、前原聖一が胸から血を流して亡くなっていた。
小五郎たちが聖一の遺体を確認していると、別の部屋から舞子の「早紀!」という悲鳴のような声が聞こえてきた。
寝室へ向かうと、クローゼットの中で聖一の妻である早紀が体を拘束され亡くなっており、舞子は早紀に駆け寄って鼻口を塞いでいる粘着テープを外した。


目暮警部率いる警察が到着し、捜査が始まった。
小五郎は、部屋の荒らされようからして、物盗りの犯行が高いと考える。

目暮警部が吉江、松田、舞子に事情を尋ねる。
吉江は、松田と舞子が部屋の鍵を開けて欲しいと頼みに来たので、合鍵を持って来たと証言。
松田は、荷物の集荷を依頼されたため、取りに来ただけだと証言。
舞子は、友人の早紀とショッピングに行く約束をしていたが、時間になっても待ち合わせ場所に来ない早紀を迎えに来たと証言。

高木刑事は、被害者の身元を目暮警部に報告する。
リビングで亡くなっていた前原聖一は、デイトレーダー、いわゆる株式投資家だ。
何者かに胸部を鋭利な刃物で複数個所刺されたことによる大量出血が死亡の原因と思われる。
聖一は、最近株で大儲けしたようで、数千万もの大金を銀行口座に移していた。
そして、寝室で亡くなっていた早紀は専業主婦で、死因は鼻口を塞がれたことによる窒息死。
死亡推定時刻は、聖一が午前11時頃、早紀が昼の12時30分頃だ。

そこへ、千葉刑事が午前11時頃に不審人物がマンションのエントランスの防犯カメラに映っていたことを報告しに来た。
不審人物はサングラス、マスク、ニット帽、ツナギ姿で変装しており、顔がわからない。
さらに、千葉刑事は非常階段の防犯カメラが壊されていたことも報告する。
吉江は、その防犯カメラが2日前に壊され、質の悪いイタズラだと話す。

小五郎は、不審人物が防犯カメラに映っていたことから、防犯カメラが壊されたことは事件と無関係だと判断した。
そして目暮警部は、その不審人物が犯人だと考え、捜査を進めることにした。

その後、鑑識がマンションのゴミ捨て場で血痕が付着したサングラス、マスク、ニット帽、ツナギ、ナイフが入ったゴミ袋を発見した。
さらに、犯行時に着ていたと思われる衣服を早紀が近くのホームセンターで購入していたことが確認され、ニット帽の内側から採取された毛髪は早紀の髪の毛と一致した。

目暮警部は、聖一を殺害したのは早紀で、防犯カメラを逆手に取って仕組んだ計画殺人だと判断した。
早紀が強盗犯に扮して外に出た後、証拠品をゴミ捨て場に捨て、自室に戻るために防犯カメラのない裏道が必要だったのだ。
高木刑事は、これで非常階段の防犯カメラが壊されていたのも合点がいくと話す。
そして早紀が窒息死したのは、被害者のフリをしようとした事故(自分で手足を拘束してクローゼットに入ったが、服の多さに呼吸ができなくなってしまった)と考えられた。
舞子は、早紀がそんなことするなんて信じられないといった様子で涙する。

コナンは、早紀の鼻口を塞いでいた粘着テープに目をとめた。
粘着テープの粘着面には、口紅の跡が幾つもついていた。
そして、クローゼットの服の匂いを嗅ぎ、あることに気づいた。
チェストを確認すると、服が全てなくなっており、中は空っぽだった。

その後、早紀の手足を拘束していた結束バンドから早紀の指紋が検出された。
ガムテープから舞子の指紋が検出されたが、それは遺体発見時に舞子が粘着テープを剥がそうとしたためだと小五郎は証言する。

目暮警部は、早紀が犯人で間違いないと確信し、吉江、松田、舞子を帰そうとした。

Sponsored Link

ネタバレ

コナンは、腕時計型麻酔銃で小五郎を眠らせ、蝶ネクタイ型変声機で小五郎の声を使って推理を話し始めた。

鑑識がマンションのゴミ捨て場で今回の事件で使用された凶器を発見したが、普通決定的な証拠品を見つかりやすいゴミ捨て場に捨てるだろうか。

目暮「すぐに回収されると思ったんだろう

しかし、今日は土曜日。
次の回収は来週の月曜で、丸二日間凶器はゴミ捨て場に放置されたままになる。

そこで考えられるのは、ゴミ捨て場は一時的な保管場所で、あとで別の場所に捨てるつもりだったのかもしれない。

高木「それが移動させる前に見つかってしまい、犯行がバレてしまったと?

それで導き出される結論は、早紀には共犯者がいたということだ。

早紀は一刻も早く証拠品を隠滅したいはず。
しかし、早紀のシナリオでは、早紀はクローゼットに押し込められていることになっている。
そんな時に遠くへ証拠品を捨てに行って、誰かに目撃されれば矛盾が生じてしまう。
そのため、早紀には証拠品を隠滅してくれる協力者が不可欠。

高木「でも毛利さん、証拠品はマンションのゴミ捨て場から見つかっています

それは、早紀と共犯者の間で何らかのトラブルがあったからだ。
そのため証拠品はそのままになっていた。

早紀は、共犯者によって殺害されたのだ。

早紀の口を塞いでいた粘着テープを見ると、口紅の跡が幾重にも付着している。
それは共犯者が早紀の口を塞ごうとした時、早紀がもがいたためにできたものだ。
自分で貼ったのなら口紅の跡は一つのはず。

さらに、クローゼットの面積に対して服が多すぎる。
これでは、せっかくの高級スーツも皺になり台無しだ。
それだけでなく、クローゼットにはTシャツなど本来チェストにしまうべきものまでかかっている。
Tシャツや一部の服を確認すればわかるが、汚れていたり、折り目がついていたり、着用済みのものや、チェストの中に入っていたものが無理矢理クローゼットのラックにかけられているのだ。

つまり、共犯者が事故に見えるように現場を偽装したということだ。

目暮「その共犯者とは誰なんだね?

小五郎「舞子さん、あなたどうして私の制止も聞かず早紀さんに駆け寄ったんですか?

舞子「それは早紀が心配で・・

小五郎「本当ですか?

舞子「本当です

小五郎「本当は、第一発見者になる必要があったからじゃないですか?指紋が証拠品に付着しているのを誤魔化すため、第一発見者になった。違いますか?

高木「あぁ!粘着テープに付着していた指紋!

舞子「そんなの言いがかりです!私は本当に早紀が心配で

小五郎「まだ認めませんか。では、バッグの中を見せてもらってもよろしいですか?

舞子「どうしてバッグを?

小五郎「早紀さんは金品をどこかに隠そうとしたはず。しかし証拠品をゴミ捨て場に捨てたことからもわかるように、近場にしか隠せなかったはず。警察の捜査でまだ見つからないということは、その金品を共犯者が持ち逃げした可能性が高い

高木刑事は、舞子のバッグを確認する。
中から聖一と早紀の通帳とキャッシュカード、印鑑が出てきた。

吉江「舞子ちゃん、どうして・・

舞子は非常階段を使って早紀の部屋へ向かった。
聖一を殺害した早紀は、舞子を見るなり「遅い!今までみたいに私の言うこと聞いてればいいのよ。あんたが私の旦那をやったのも同然なんだから。だって、共犯なんてそういうことでしょ?証拠品がゴミ捨て場にあるからそれを処分して!」と命令する。
舞子は、自分の手足を拘束してクローゼットに入った早紀の口を粘着テープで塞ぎ、クローゼットにかかっていた服で早紀を押さえつけ窒息死させた。
そして、チェストから衣服をとりだし、クローゼットの中へ詰め込んだ。

舞子「宅配の人が来る時間が迫って慌てて外に出ました。証拠品をゴミ捨て場から移動させる時間がなくて・・

小五郎「見つかったとしても早紀さんの犯行とまでしかならない。そう思ったんですね?

舞子「はい。保険金もくれるって言うし、何より早紀には高校の時からずっと助けてきてもらったから。でも怖くなったんです。一生彼女の言いなりになるのかもって・・。断ち切りたくなったんです。彼女の呪縛を・・

コナンの推理を動画で見たい!という方は、「名探偵コナンの動画配信サービス一覧」で紹介しています。

エピローグ

夕方。
事件が無事解決し、ファミリーレストランで遅めの昼食をとる小五郎とコナン。

小五郎は大量の料理を口の中に放り込むようにして食べる。

コナン「おじさん、そんなに食べて大丈夫なの?

小五郎「バーロー!こっちは昼を食い損なってんだ。それにお金のことなら、ふふふ

小五郎は背広の内ポケットに手を入れ、顔を青くする。

小五郎「あれ?ない!ない!ない!

コナン「どうしたの?

小五郎「報酬の入った封筒をどこかに落としちゃったかも・・。どうしよう・・

コナン(へへ・・。次は封筒探しの時間だぜ、おっちゃん

小五郎「報酬ほしゅかった・・

まとめ

■ BACK:
第855話「消えた黒帯の謎」
■ NEXT:
第857話「米花町二転三転ミステリー(前編)」

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第856話「セレブ夫婦の秘密」の登場人物やあらすじ、犯人などのネタバレについてご紹介させていただきました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう