名探偵コナン852話ネタバレ!恋の地獄めぐりツアー(大分編)

シーズン22

こちらでは、アニメ版「名探偵コナン」の第852話「恋の地獄めぐりツアー(大分編)」の登場人物やあらすじ、犯人などのネタバレについてご紹介させていただきます。

事件ファイル概要

事件ファイル

Sponsored Link

登場人物

主要キャラ

江戸川 コナン
CV:高山みなみ

毛利 小五郎
CV:小山力也

毛利 蘭
CV:山崎和佳奈

高木 渉
CV:高木渉

佐藤 美和子
CV:湯屋敦子

ゲスト

仲代 秀虎(なかだい ひでとら)
CV:星野充昭
58歳。仲代電気の社長。

仲代 麻奈美(なかだい まなみ)
CV:名塚佳織
22歳。秀虎の娘。

早見 裕之(はやみ ひろゆき)
CV:飯田利信
31歳。和紙アーティスト。

細貝 洋三(ほそがい ようぞう)
CV:志村知幸
40歳。秀虎の秘書。

荻久保 竜次(おぎくぼ りゅうじ)
CV:松本大
45歳。仲代電気の元従業員。

江原 健一郎(えはら けんいちろう)
CV:保村真
35歳。IT企業の社長。麻奈美の婚約者。

Sponsored Link

あらすじ

別府編のおさらい

コナンと蘭は、小五郎に誘われて大分県の別府温泉にやってきました。

しかし、小五郎の本当の目的は、失踪した仲代電気の社長令嬢・仲代麻奈美を見つけ出すことでした。

運よく麻奈美を見つけることはできたのですが、父親である仲代秀虎、秘書の細貝洋三、婚約者の江原健一郎の3人がやってくると、思わぬ事件が発生しました。

なんと、麻奈美が誘拐されてしまったのです。そして誘拐犯は身代金1億円を要求し、運び役に江原を指名してきました。

仲代は現金で1億円用意し、コナンはみんなに気づかれないように蛍光マーカーで札束の側面に印をつけました。

そして犯人の指示通り、江原は高崎山自然動物園に身代金を運びます。コナンたちは、観光客に紛れてその様子を窺っていました。

その時、小五郎は偶然にも高木刑事とバッタリ出会いました。なんと、高木刑事と佐藤刑事は大分で拳銃事件の捜査をしているというのです。

そうしている間にも誘拐犯から連絡が入り、身代金の入ったバッグを猿岩石の上に置けと指示されます。

すると突然ドローンが現れ、身代金の入ったバッグをフックに引っ掛けると勢いよく上昇していきました。

咄嗟にバッグにしがみついたコナンは、そのまま上空へと連れ去られてしまいました──。

大分編のあらすじ

コナンはバッグとともに暫く森の中を彷徨った後、コナンだけがドローンから振り落とされてしまいました。

駆けつけた蘭によって傷の手当てが行われる傍で、小五郎と高木刑事は情報交換を始めました。

今回、誘拐事件の被害者となったのは、仲代電気の社長令嬢である麻奈美です。

そして3週間前の拳銃強盗事件で狙われたのも仲代電気の車でした。幸いにも、車に積まれていた1億円は無事だったそうです。

小五郎は、狙った先が同じ仲代電気で、その金額も身代金と同じ1億円ということから、同一犯の犯行と睨みます。

その時、高木刑事の携帯に佐藤刑事から連絡が入りました。なんと、水族館の駐車場に犯人が現れたというのです。

電話を切った佐藤刑事は、鬼の面を被った犯人を確保しようとします。しかし、犯人に拳銃を突きつけられてしまいました。

高木刑事たちが駆けつけた時、犯人と佐藤刑事を乗せた車が猛スピードで駐車場を出て行きました。犯人は拳銃で脅しながら佐藤刑事に車を運転させていたのです。
 
高木刑事は、俺の佐藤さんをどうするつもりなんだ!と叫び、停めてあった自分の車に乗り込み犯人の車を追跡します。

小五郎たちも旅館の車に乗り込み、コナンがバッグにしがみついた時に取り付けた発信機を頼りに犯人を追いかけます。

しかし、佐藤刑事の見事な運転技術相手に追いつくことができず、高木刑事と小五郎はいよいよ車を見失ってしまいました。

 

海地獄にやってきた犯人は、佐藤刑事に拳銃を突きつけたまま奥へ進むように命じます。そして、湯煙の中に浮かぶ人影に『ヒロユキか?』と声を掛けます。

その人影の正体は、犯人のお目当ての『ヒロユキ』ではなく、先回りしていたコナンでした。そこに遅れながらも高木刑事がやってきました。

コナンが犯人の意識を自分に向けさせた隙に、高木刑事と佐藤刑事は犯人を取り押さえました。

犯人は荻久保竜次、仲代電気の元従業員でした。

そこにやってきた仲代は、麻奈美の居場所を問い詰めます。しかし、荻久保は知らないの一点張り。

彼女の居場所を知っているのは、『ヒロユキ』だけだというのです。

仲代の秘書・細貝は、荻久保が持ち去ったバッグの中身を確認します。すると、中に入っていたのは身代金ではなく、数冊の雑誌でした。

そこで荻久保は、ヒロユキの指示で旅館の部屋にあった麻奈美の書置きを持ち去ったことを打ち明けました。

コナンは、みんな麻奈美が誘拐されたと思い込んでいるが、以前交際していた早見裕之という人物に自ら会いに行った可能性があると考えます。

 

その後、佐藤刑事と高木刑事は荻久保を大分県警に連行して行きました。

そして、仲代の携帯に麻奈美から連絡が入りました。私は大分県立美術館OPAMにいる、と。

さっそくみんなで美術館に駆けつけると、やはり麻奈美は早見と一緒にいました。

しかし、麻奈美と早見は口を揃えて誘拐事件など全く身に覚えがないと訴えます。

では、身代金として用意した1億円は一体どこへ消えたというのでしょうか。

Sponsored Link

ネタバレ

今回の2つの事件は、実行犯である荻久保と、共謀していた『ヒロユキ』という人物が起こしたものでした。

その『ヒロユキ』の名を語っていたのは、麻奈美と早見の仲をよく知り、麻奈美の行動を予測することができ、尚且つ3週間前の1億円の輸送ルートを知り得た人物。

犯人は、仲代電気の社長秘書・細貝洋三です

動機は、着服した会社の金を穴埋めするためでした。

しかし、1億円を手に入れたのは細貝ではありません。今回の事件に乗じて、1億円を横取りしようとした輩がいたのです。

それは、麻奈美の婚約者である江原健一郎です

年商20億円と言っていた江原の会社は、実は業績が悪化していました。麻奈美との婚約を急いだのも、仲代の財産を目当てにしたからです。

江原は、高崎山自然動物園に身代金を運んだ時、1人で休憩所に入りました。この時、バッグの中に入っていた1億円の札束を雑誌とすり替えたのです。

証拠は、江原の手に付着したピンク色のインクです。それは、コナンが札束に塗った蛍光ペンでした。

以上のことから、実行犯は荻久保、『ヒロユキ』と名を語って荻久保を操っていたのは細貝、細貝たちが手に入れた金を横取りしようとしたのは江原、と判明しました。

コナンの推理を動画で見たい!という方は、「名探偵コナンを視聴できる動画配信サービス一覧」で紹介しています。

麻奈美の部屋に出た赤鬼の正体

昨夜、麻奈美が泊まっている旅館の部屋に赤鬼が出現しました。赤い目を光らせた鬼が、窓から部屋を覗き込んでいたのです。

コナンが鬼のいた場所を調べましたが、足跡はなく、近くの松に数本の切り傷が刻まれているだけでした。

実は、この鬼の正体はドローンでした

犯人の細貝は、早見の名前を利用して荻久保を仲間に誘いました。

そして3週間前、荻久保に現金輸送車を襲わせて1億円を手に入れようとしましたが、アクシデントで金を奪うことができませんでした。

そこで今度は、麻奈美の誘拐事件をでっち上げて身代金を奪うことにしました。

麻奈美が泊まる旅館に検討がついていた細貝は、共犯である荻久保をそこに送り込み、麻奈美の部屋を監視して情報を自分へと送らせていました。

この時、使用されたのがドローンです。それには監視カメラも収音マイクも備わっていました。

つまり、麻奈美が部屋で見たのは、2つの赤いランプとその反射が角に見えたドローンだったというわけです。

そのため、窓の外には足跡がなく、松の幹にはドローンのプロペラがつけた傷が残っていたのです。

旅館の部屋は滝の音が大きくて、ドローンのエンジン音が聞こえなかったのも無理はありません。

その後の麻奈美と早見は?

以前、麻奈美と早見は交際していました。しかし連絡がとれなくなり、麻奈美は関係が終わったのだと思い込んでしまいました。

実はこの時、早見は『ある作品』の制作に没頭するあまり、麻奈美と連絡がとることができずにいたのです。

そして麻奈美が婚約したことをニュースで知った早見は、何度か彼女に手紙を送ってみましたが、なぜか返事は返ってきませんでした。

そこで早見は、麻奈美が『地獄めぐり』のチケットを持って写っている写真を同封して手紙を出し、別府へ呼び寄せることにしました。

仲代たちが旅館に到着する前に麻奈美を連れ出し、大分県立美術館OPAMに展示してある『ある作品』を麻奈美に見せました。

その作品は『マナミ』と題され、本物の麻奈美そっくりに和紙で作られていました。

早見が『マナミ』の制作に没頭してしまったのは、1年前のこの日『2人が出会った記念日』に間に合わせるためだったのです。

その想いを知った麻奈美は、安堵や嬉しさという感情が湧き起こり、思わず早見に抱きつきました。早見は、そんな麻奈美を力強く抱き留めました。

エピローグ

こうして事件は見事に解決し、コナンたちは地獄蒸し工房・鉄輪にやってきました。

大分名物の地獄蒸しはとても美味で、コナンたちの箸は次々と進んでいきます。

そこで高木刑事は、佐藤刑事とお忍び旅行をしていたことは目暮警部に内緒にして欲しいと深く頭を下げます。

小五郎は、見事に犯人を捕まえたんだから目暮警部も許してくれるさ、と笑います。

しかし佐藤刑事は、仮病を使って仕事を休んだ高木刑事のことが許せないらしく、絶対に無視できない!と目暮警部に報告する気満々な様子。

これが本当の地獄蒸しだな!

そう言って小五郎は大笑いしたのでした。

名探偵コナンの動画(1話~最新話)フル視聴まとめ一覧

まとめ

■ BACK:
第851話「恋の地獄めぐりツアー(別府編)」
■ NEXT:
第853話「サクラ組の思い出(蘭GIRL)」

こちらでは、アニメ版「名探偵コナン」の第852話「恋の地獄めぐりツアー(大分編)」の登場人物やあらすじ、犯人などのネタバレについてご紹介させていただきました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう