追跡!探偵タクシー(名探偵コナン976話)あらすじ!登場人物も

シーズン25

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第976話「追跡!探偵タクシー」の登場人物やあらすじについてご紹介させていただきます。

事件ファイル概要

事件ファイル

Sponsored Link

登場人物

主要キャラ

江戸川 コナン
CV:高山みなみ

毛利 小五郎
CV:小山力也

目暮 十三
声なし

高木 渉
声なし

ゲスト

銀座のマダム
CV:金月真美
33歳。杯戸町在住。

タクシーの運転手
CV:松野太紀
25歳。小五郎の大ファン。

サングラス兄弟(兄)
CV:楠見尚己

サングラス兄弟(弟)
CV:前野智昭

鮪仲卸業者
CV:松本大、中島智彦、宮園拓夢、城岡祐介

Sponsored Link

あらすじ

銀座のマダムから美林門大橋の辺りで行方不明になったアルマジロを探して欲しいという依頼を受けた小五郎は、コナンを連れてさっそく捜査に出かけることに。

そこで2人がやってきたのは、依頼の際にマダムが予想した美林門魚市場です。ところが、鮪仲卸業者の男性は『うちは鮪業者でアルマジロなんか知らん!』と激怒し、小五郎の顔に水をかけました。

慌ててその場から逃げ出した小五郎は、とりあえず他の卸業者にも話を聞いてみることに。しかし、誰も彼も口を揃えて魚市場にアルマジロがいるわけねェだろ!と怒鳴り、最初の男性と同様にホースの水を小五郎の顔にぶっかけました。

小五郎とコナンは泣く泣く魚市場から飛び出し、ちょうど目の前を通りかかったタクシーをとめてそれに乗り込みました。

ところが、2人を乗せたタクシーの運転手は『眠りの小五郎』の大ファンらしく、キラキラと目を輝かせて小五郎に猛アプローチを始めました。

『毛利小五郎大先生』と呼ばれていい気になった小五郎は、ニタニタ笑いながら少しくらい遠回りしても構わない、と伝えます。

そこで運転手は、昨日タクシーに乗せた『おかしなサングラスの兄弟』について話し出しました。

なぜその2人が兄弟だとわかったかというと、タクシーに乗るなり見事なハーモニーを口遊んでいたからだといいます。

そしてその兄弟は行先を指定せずにわざわざ遠回りし、結局コインパーキングで降りたといいます。そして石段を上り、『お化け煙突祭り』の会場へと向かって行ったそうです。

運転手は、その道順を案内するかのように勝手にタクシーを走らせ、タクシーが停まったのは例の兄弟が降りたという小さなコインパーキングでした。

 

タクシーを降りたコナンたちは、石段を上ってお化け煙突祭りの会場となる公園にやってきました。そこではお囃子の練習が行われており、その音に合わせてお化けに仮装した人たちが踊っていました。

お祭り会場はかなり賑わっていて、実行委員会本部には大きな金庫まで用意されているようです。そして金庫に集められたお金は、銀行の集金車が回収しに来ることになっているといいます。

お祭りの当日は交通規制が敷かれ、車を停めることができるのは先ほどコナンたちがタクシーを降りた小さなコインパーキングだけです。

それを知ったコナンは、例の兄弟がお祭りの売上金を狙っている可能性がある、と考えたのですが──。

関連記事

アルマジロとは

今回登場するペットはアルマジロということですが、それは一体どういう生き物なんでしょうか?

写真で見てみると、大きなダンゴムシという印象を受けました。他に例えるなら、ゾウとネズミを合体させてネズミのサイズに合わせた感じですね。

ダンゴムシのようだと思った理由は、体を丸めてボール状になることがあるからです。一般的に、敵に遭遇して身の危険を感じたら丸くなるんだそうです。

そして背中はうろこ状で堅く、銃弾を跳ね返すほどの硬度もあるそうです。『銃弾を跳ね返す』←この言葉で頑丈さが伝わってきますね。

比較的穏やかな生き物らしく攻撃的ではないため、日本でもペットとして飼育できるそうです。ただ、事例が少ないが故にその生態や飼育方法に関する情報も少なく、飼育が難しい動物とされているようです。

Sponsored Link

まとめ

■ BACK:
第975話「妻探しの秘密」
■ NEXT:
第977話「割れた金魚鉢」

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第976話「追跡!探偵タクシー」の登場人物やあらすじについてご紹介させていただきました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう