名探偵コナン935話ネタバレや動画!占い師と三人の客

シーズン24

こちらでは、名探偵コナンの以下の事柄について迫りたいと思います。

■ アニメ版第935話「占い師と三人の客」:
・事件ファイル概要
・登場人物
・あらすじ
・謎解き
・ネタバレ
・エピローグ
・動画

名探偵コナン第935話|事件ファイル概要

事件ファイル


Sponsored Link

名探偵コナン第935話|登場人物

・江戸川 コナン
実際は高校生探偵工藤新一。ひょんなことから薬を飲まされ、小学生の姿になった主人公。事件解決のため頭脳を生かし推理を巡らせ、次々と難事件を解決へ導く。

・毛利 小五郎
毛利探偵事務所の主人。元刑事で蘭の父親。推理は的外れだがコナンの名推理のおかげで、“眠りの小五郎”として有名。

・目暮 十三
警視庁捜査一課強行犯三係の警部。恰幅のいい体つきでダンディーなヒゲが特徴。鋭い洞察力を持つ。帽子の下には秘密がある・・。

・高木 渉
警視庁捜査一課強行犯三係の刑事。少し抜けている部分があるが真面目。少年探偵団の話にもきちんと耳を傾けるため、子供たちから真っ先に頼りにされる。

・千葉 和伸
警視庁捜査一課強行犯三係の刑事。高木の後輩。

・馬場 貞子(ばば さだこ)
62歳。霊感占い師、バーバラ貞子。

・尾久 将也(おぐ まさや)
26歳。バーバラ貞子の秘書。

・金輪 芯介(かなわ しんすけ)
37歳。バーバラ貞子の客。

・遠堂 深美(えんどう ふかみ)
29歳。バーバラ貞子の客。

・漣 諒一(さざなみ りょういち)
33歳。バーバラ貞子の客。

Sponsored Link

名探偵コナン第935話|あらすじ

ある屋敷で絞殺遺体が発見され、目暮、高木、千葉たち警察は捜査を行っていた。
殺害されたのは、霊感占い師である馬場貞子。
貞子は、バーバラ貞子と名乗り、芝浜駅前で占いの館を開いていた。

殺害時刻は昨夜。
そして遺体の第一発見者は、貞子の秘書である尾久将也だった。
尾久の話によると、昨夜小五郎から電話があり、貞子は小五郎に会いに行ったという。

そこで小五郎は事件現場へ呼び出された。
しかし、小五郎は電話をしていないと話す。
そもそも被害者の貞子とは面識がない。
小五郎についてきたコナンも、昨夜小五郎はずっと家にいたとアリバイを証明する。

目暮は、犯人が小五郎の名を語り、貞子を殺害現場に誘い出したと考える。
貞子は、どこか屋外で絞殺された後、屋敷に運ばれた可能性が高い。

コナンは、屋敷にある貞子のパソコンを調べた。
すると、画面には「また殺されかけた。犯人はあの3人の中の誰なのだ?Kか?Eか?Sか?」という文章が入力されていた。

尾久は、1週間程前に貞子がテレビの生放送に出演した後、テレビ局の前で貞子を待ち伏せていた3人の客がいたことを話す。
客は、金輪芯介、遠堂深美、漣諒一で、3人は貞子の占いのせいで酷い目に遭い、貞子に文句を言いに来ていたようだ。
貞子が何を占ったのかはわからないが、恨んでいる者がいたとしたら、その3人しか思い当たらないと尾久は話す。

高木は、遺体の傍らで女性もののブローチを見つけた。
ブローチを見た尾久は、深美のものだと証言する。
目暮は、遺体を運んできた時に、うっかりブローチを落としてしまったと考える。

コナン(だとしたら、なんて迂闊な・・

そこで、目暮にある知らせが入った。
芝浜公園で気になるものが発見されたというのだ。
目暮、高木、小五郎、コナン、尾久は、芝浜公園へ向かった。

そこには貞子の名刺入れ、そして凶器と思われるロープがあった。
目暮は、芝浜公園が殺害現場で間違いないと判断した。

昨夜芝浜公園で大きなものを車に積んでいる不審な人影を見かけたと、匿名の110番通報が今朝あったようだ。
そこで調べてみたところ、争ったような痕跡があり、名刺入れとロープを発見したというわけだ。
さらに、「S.KANAWA」と名前が入ったライターも発見された。
尾久は、金輪のライターではないかと話す。

そして、再び目暮に知らせが入った。
屋敷の近くの空き地に、漣の車が乗り捨てられているというのだ。

目暮は、空き地に金輪、深美、漣を呼び出し、話を聞くことにした。

漣は、2日前に車を盗まれたと証言する。
車からは毛髪が発見され、被害者のもの照合されることになった。

金輪は、ライターが自分のものだと認めるが、何日か前に失くしたと証言。

深美も、ブローチは自分のものだと認めるが、金輪と同様に失くしたと話す。

小五郎は、以下のように推理した。
3人が芝浜公園で貞子を殺害し、その時金輪がライターを落としてしまった。
そして、漣の車のトランクに遺体を入れ、貞子の屋敷の書斎へ運んだ。
その時に深美がブローチを落とし、気づかないまま立ち去った。
つまり、3人全員が犯人だった。

その後、漣の車から発見された毛髪は、貞子のものと一致した。

金輪は、貞子の占いを信じて家を購入した。
しかし、家を買った途端に働いていた土木工事会社が倒産し、妻にも逃げられたと話す。

深美は、貞子の占いを信じたところ、結婚詐欺に引っかかってしまったと話す。

漣は、貞子の占い通りに店を開くと、失敗して借金地獄になってしまったと話す。

つまり、3人ともに動機があるというわけだ。
さらに、3人とも昨夜は自宅にいたためアリバイがない。

しかし3人は、昨夜男の人から電話があり、自宅にいるように言われたと話す。
金輪と漣は、アリバイを潰すため、犯人にハメられたのだと言う。

司法解剖の結果、貞子の死亡推定時刻は昨夜の8時から9時の間だと判明した。

コナンは、再び貞子のパソコンを確認し、文章が入力されたのは10時過ぎだと指摘する。
ということは、文章を書いたのは貞子ではなく、遺体を運んできたときに犯人が書いたものだ。

小五郎は、金輪、深美、漣が貞子のことを恨んでいる人物が真犯人だと考えた。
しかし、尾久、金輪、深美、漣は、そのことを誰にも話していないという。

コナンは、3人が真犯人にハメられたのではなく、そう思わせようとしたのだと考えた。
つまり、犯人は3人の中にいるはずだ。
犯人は、3人まとめて疑わせ、名探偵の小五郎を巻き込むという不利な真似をした。
その二つの行為には、そうしなければならなかった理由が必ずあるはずだ。

そこで、コナンは3人に話を聞いてみることにした。

金輪「バチが当たったんだよな、あのインチキ占い師。自分で決断できねェから占ってもらったのによ

深美「私だって同じよ。本当は気が弱いし・・

漣「僕だって一緒ですよ。だから占いに頼るんで・・

3人の話が長くなりそうだったので、コナンは一時退散することにした。

コナン「僕ちょっとトイレ!

Sponsored Link

名探偵コナン第935話|謎解き

【謎解き①】
芝浜公園で大きなものを車に積んでいる不審な人影を見かけたと、匿名の110番通報があった。

名探偵コナン第935話|ネタバレ

目暮は、芝浜公園に金輪、深美、漣の3人を呼び出した。
小五郎は、事件の全貌が読めたようだ。

小五郎は以下のように推理を話した。
金輪、深美、漣は、真犯人にハメられたのではなく、そう思わせようとした。
犯人たちは、被害者を手にかけたうえで、自分たちは真犯人にハメられたと偽ることで、容疑者になることを逃れようとした。
つまり、3人をハメようとした真犯人など初めからおらず、3人全員が共犯だった。

目暮は、3人を署へ連行するよう高木と千葉に命じた。

小五郎「いや~、これにて一件落着・・

コナンは、腕時計型麻酔銃で小五郎を眠らせると、蝶ネクタイ型変声機で小五郎の声を使って推理を話し始めた。

小五郎「みなさん、お待ちを。3人が共犯というのは、あくまで可能性の一つ。実は別の読みもあります

この事件を解決する鍵は、犯人のキャラクターにある。

犯人は遺体を移動させている。
そんなことをしても何の得にもならないにも関わらず。

殺害現場や遺棄現場にわざとらしくそれぞれの遺留品を残しているのは、遺体を移動する際に漣の車が必要だったからだ。

パソコンの文章「また殺されかけた。犯人はあの3人の中の誰なのだ?Kか?Eか?Sか?」と合わせ、3人を疑わせるために。

目暮「真犯人にハメられたと偽装するためかね?

もちろんそれもある。
しかし、キャラクターから犯人はそうせざるを得なかったのだ。

動機などから見ても、いずれ自分が疑われるのは明白。
それならば、いつ警察にたどり着かれるかと怯え続けるよりも、さっさとリストアップされた方がマシだと考えたのだ。

目暮「そんなバカな理屈って

バカではなく、犯人は気が弱いのだ。
人生の決断を占いに頼るくらいだ。

尾久「なら、やっぱり3人が共犯で

犯人は気が弱い故、自分一人では不安だった。
そこで同じ条件を持つ者、すなわち同じ動機を持ち、アリバイがなく、遺留品が残されている者を自分と並べておきたかった。
小五郎の名を語り、小五郎を介入させたのも気の弱さ故だ。
万が一、捜査が長引けば、警察は小五郎に協力を仰ぎ兼ねない。
ならば、いつ名探偵が登場するかと不安で待つより、初めから介入させた方がマシだと考えた。

そして、警察の信頼が厚い小五郎が、3人は真犯人にハメられたのだと推理すれば、この上ないお墨付きになるわけだ。

目暮「君が望み通りの推理をするとは限らんだろう

ポイントはまさにそこだ。
普通の人ならそんな賭けにはでない。
しかし、犯人は必ずうまくいくと信じていた。
3人のうちの一人、犯人は気が弱いと同時に、絶対の自信家でもあるからだ。

犯人は漣諒一。

昨日、漣は被害者の貞子に電話を入れた。
小五郎を名乗り、貞子を芝浜公園へ誘い出した。

次に、金輪と深美にもアリバイを潰しておくための電話をかけた。
貞子が占いのお詫びに伺うので、自宅で待つようにとでも言っておいたのだろう。

そして貞子を芝浜公園で殺害し、くすねておいた金輪のライターを現場に残した。
そして、盗まれたことにしている自分の車で遺体を貞子の屋敷まで運び、くすねておいた深美のブローチを遺体の傍らに転がした。
捜査が進めば当然発見されることになるパソコンの文章も残しておいた。

真犯人にハメられたと訴え、死亡推定時刻が割り出されるのを待った。
3人の中に犯人がいるとしたら、パソコンの文章など書くわけがないという盲点へ逃げ込み、まんまと逃げ切ろうとした。
どこにもいない真犯人を警察に捜し続けさせた。
まさに事件を迷宮入りさせるために。

漣「気が弱くて自信家。だとしてもキャラクターだけで犯人にされちゃ・・。僕は事件に関係ない!

それならば、なぜ芝浜公園が犯行現場だと知っていたのか。

【謎解き①】
今朝110番通報されたという匿名の電話の録音と漣の声紋を照合した結果、同一人物のものだと一致した。

通報者は漣だ。
真犯人しか知りえない殺害現場を教えてくれたのは。

漣「まさか、あの電話で墓穴を・・

目暮「しかし、どうしてそんな電話を

殺害現場に残した金輪のライターを発見させるために、電話をかけざるを得なかったのだ。
そこでやっと同じ条件を持つ3人が出揃うのだから。

金輪・深美「え・・?

漣「早く3人揃わないと心細くてさ

漣は貞子殺害の容疑を認めた。

漣「あの女さえちゃんと占っていれば成功するはずだったんだ!宇宙人ラーメンに客が来ないわけがない!

目暮「宇宙人ラーメン・・?

コナン(気が弱いのに自信家のキャラクターか・・

名探偵コナン第935話|エピローグ

帰り道、コナンと小五郎は並んで歩いていた。

コナン「お調子者で、酔っ払いで、ちゃらんぽらんで・・

小五郎「あ?誰のこった?てか、そんなしょーもねェ奴、この世にいるか?

コナン(へへ、無自覚?

名探偵コナン第935話|動画

ytv MyDo!
※2019年3月30日(土)17時59分まで


過去の動画は以下から
「U-NEXT」で視聴する
※第1話から第881話まで
名探偵コナン
※本作品の配信情報は2019年12月24日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

「Hulu」で視聴する
※第1話から第881話まで
名探偵コナン
※本作品の配信情報は2019年12月24日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはhuluのホームページもしくはアプリをご確認ください。

「dTV」で視聴する
※第1話から第881話まで
名探偵コナン
※本作品の配信情報は2019年12月24日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

■ BACK:
第934話「サラブレッド誘拐事件(後編)」
■ NEXT:
第936話「フードコートの陰謀」

こちらでは、名探偵コナンの以下の事柄について迫りました。

■ アニメ版第935話「占い師と三人の客」:
・事件ファイル概要
・登場人物
・あらすじ
・謎解き
・ネタバレ
・エピローグ
・動画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう