名探偵コナンアニメ924話ネタバレと無料動画!みかん畑に陽は沈む

シーズン23

こちらでは、名探偵コナンの以下の事柄について迫りたいと思います。

■ アニメ版第924話「みかん畑に陽は沈む」:
・事件ファイル概要
・あらすじ
・登場人物
・謎解き
・ネタバレ
・無料動画

名探偵コナン第924話|事件ファイル概要&登場人物&あらすじ

名探偵コナン第924話|事件ファイル概要

◯ 事件ファイル
■ 話数:
第924話
■ 事件ファイル名:
みかん畑に陽は沈む
■ 放送日:
2018年12月8日
■ 放送曜日:
土曜日
■ 主題歌:
OPテーマ タイムライン(dps)
EDテーマ Aozolighter(Cellchrome)
■ BACK:
第923話「コナンのいない日」
■ NEXT:
第925話「心のこもったストラップ(前編)」

Sponsored Link

名探偵コナン第924話|登場人物

・江戸川 コナン
実際は高校生探偵工藤新一。ひょんなことから薬を飲まされ、小学生の姿になった主人公。事件解決のため頭脳を生かし推理を巡らせ、次々と難事件を解決へ導く。

・毛利 蘭
毛利小五郎の娘。高2年生、新一の幼馴染で空手部の女主将。

・鈴木 園子
蘭と同級生で親友。鈴木財閥のお嬢様。

・目暮 十三
警視庁捜査一課強行犯三係の警部。恰幅のいい体つきでダンディーなヒゲが特徴。鋭い洞察力を持つ。帽子の下には秘密がある・・。

・高木 渉
警視庁捜査一課強行犯三係の刑事。少し抜けている部分があるが真面目。少年探偵団の話にもきちんと耳を傾けるため、子供たちから真っ先に頼りにされる。

・寺内 哲二(てらうち てつじ)
62歳。寺内みかん園経営者。

・寺内 直哉(てらうち なおや)
30歳。哲二の息子。

・寺内 信子(てらうち のぶこ)
58歳。哲二の妻。

Sponsored Link

名探偵コナン第924話|あらすじ

コナン、蘭、園子は、みかん狩りをするため、山地にある寺内みかん園へやってきた。
今日のみかん狩りの客は他にいないので、遠慮しなくて良いと寺内直哉に言われ、蘭と園子は思うままにみかん狩りを楽しんでいた。
すると突然「なっとらん!」と怒声が響いた。
寺内みかん園の経営者で、直哉の父である寺内哲二がやってきた。
哲二は「そんなに雑に収穫されたら、みかんに傷がつくだろ」と蘭と園子を注意し、収穫の仕方の手本を見せた。
哲二にとってみかんは大事な子供のようなもので、雑に扱う者は誰であろうと許さないようだ。
直哉は「そんな態度だから、みかん狩りのお客が来なくなるんだ」と哲二に言うが、哲二はフンと鼻を鳴らす。

そこへ哲二の妻、寺内信子がやってきた。
先ほどの哲二とのやり取りを見ていた信子は「気にしないでね、不器用なだけだから」と蘭たちに話す。
そして、先に山を下りているから、と直哉に伝え、信子は山を下りて行った。
信子を見送った直哉は、深くため息をついた。
コナンがため息の理由を尋ねると、最近哲二と信子はもめてばかりで、信子はイライラしているそうだ。
しかし、先ほど会った信子は穏やかで、「あんな機嫌のいいおふくろを見るのは久しぶりだなって」と直哉は嬉しそうに話した。
その直後、笑顔で話す直哉の表情は一転し、哲二を睨みつける直哉の表情をコナンは見逃さなかった。

コナン、蘭、園子は、みかんをたくさん収穫することができ、山を下ることになった。
園子は、コンテナに目一杯入っているみかんを見て「もしかして、これを抱えて山を下らなきゃいけないんじゃ・・」と呟く。
園子の困っている様子を見た直哉は「大丈夫、便利な道具があるから」と笑った。
すると、収穫物を運搬するための農業用モノレールが到着した。
モノレールは人が運転しなくても、運転レバーを入れれば自動で山を行ったり来たりすることができ、山頂の作業小屋まで行くと、自動でバックに切り替わって麓の小屋まで戻っていく仕組みになっているようだ。
もちろん手動でも動かすこともできると直哉が説明してくれた。

蘭と園子がモノレールにコンテナを積み終えると、哲二が「ぼうず、乗っていくか」とコナンに声をかけた。
あたしも乗りたーい」と言う園子に、哲二は「残念ながら定員オーバーだ」と言い放った。
蘭、園子、直哉は歩いて山を下りて行った。
コナンは哲二とともにモノレールで麓へ向かった。

麓に到着した後、コナンたちは哲二の家で信子の作ったみかん料理をご馳走になった。
料理を食べ、美味しい!と口にする蘭たちに、哲二は「当たり前だ!俺の作るみかんは日本一美味い」と自信満々に話す。
ほんと、そう思います」と蘭が頷くと、不愛想だった哲二は人が変わったように笑顔になった。
園子は「なんか、さっきまでとキャラ違くない?」と、こっそり蘭に耳打ちする。
それを聞いていた直哉は「みかんを褒められて嬉しいんだよ、単純だろ」と笑っている。

コナンはお腹いっぱいみかん料理をご馳走になり、お手洗いへ行った帰りに、みかん園の売却のことでもめている哲二と直哉を見かけた。
どうやら哲二は独断で売却先を決めてしまったようだ。
哲二は、普段から直哉の味方をする信子には黙っていろと、直哉に念を押していた。

その後、哲二がアルバムを広げて写真を見せてくれた。
若い頃の哲二と信子、そして幼い頃の直哉の写真がたくさん載っていた。
もっと見るか」と言う哲二に、蘭と園子は「はい」と返事をする。
しかし、棚からアルバムをとろうとした哲二は「いてっ!」と右肩を押さえる。
園子は「あれじゃないの~?五十肩!」とにっこり微笑む。
蘭は「園子!」と園子を咎め、哲二の代わりに棚からアルバムをとった。

夕方、コナンたちは信子に勧められ、沈む夕陽を見に山頂へ来ていた。

陽が沈んだ後、麓からモノレールが上ってくる姿が見え、誰かが迎えに来てくれたのだと考えたコナンたち。
コナンたちが「おーい!」とモノレールに向かって手を振ると、モノレールに乗っていた人物が右手を高く挙げ、振り返してくれた。
コナンたちは、こちらに気づいてくれたことにホッとし、ゆっくり上ってくるモノレールを眺めていた。
しかし、モノレールに乗っていた人物が落下してしまった。
コナンは急いで落下したと思われる場所へ向かった。
そこには、頭から血を流し、既に絶命している哲二の遺体があった。
その直後、直哉が「親父!」と走ってきた。
直哉は、麓から哲二がモノレールから落ちたところを目撃していたようだ。
その後、信子も事故現場へやってきた。

目暮率いる警察が到着し、捜査が始まった。
亡くなったのは、寺内みかん園経営者の寺内哲二。
死因は頭蓋骨陥没で、警察は転落時に頭をぶつけたものと判断した。

コナンは、なぜ直哉と信子は哲二の転落に気づいたのかと問う。

直哉は、現場から南東に下った麓の近くにあるスプリンクラーの制御盤の近くで修理をしていた。
おーい!」というコナンたちの声が聞こえたので、山頂の方に目を向けると、ちょうど哲二がモノレールから落下するところを目撃した。

信子は、麓の畑で晩御飯に使う食材を採っていた。
そして直哉と同じく、コナンたちの声が聞こえたので、そちらに目を向けたところ、哲二が落下した。

哲二は、蘭たちに手を振ろうとモノレールから手を離した時に、運悪くバランスを崩して転落したと考えるのが自然だと話す高木。
しかし高木は、なぜ哲二が山頂に向かっていたのか疑問を浮かべた。
そこで信子が、自分が哲二にお願いしたのだと答えた。
蘭たちに夕陽を見に行くのを勧めたが、帰りは暗くなっているだろうから迎えに行くように哲二へ頼んだのだ。

コナンは、遺体の側に落ちていた帽子の内側に血がついているが、外側には何もついていないことを指摘した。
哲二が石に頭をぶつけて亡くなったのだとしたら、石でこすれた跡が帽子の外側に残るはずだ。
もしかして、帽子は哲二さんが石に頭をぶつける前に飛んでったんじゃないかなぁ。あれ!そうすると、いつ帽子の内側に血がついたんだろう」とコナンは投げかける。
しかし園子は「そんなことどうだっていいじゃな~い。私たちが転落する瞬間をこの目で見たんだからぁ」と話す。

目暮と高木は、麓の小屋にある哲二の乗っていたモノレールを調べるため、山を下って行った。
コナン、蘭、園子も目暮たちに続いて山を下りる。
しかしコナンは、直哉と信子が気になり引き返した。
みかんの木の陰で、直哉は涙する信子の肩を抱き「大丈夫だ。俺がついてるから」と声をかけていた。

麓の小屋へ到着し、モノレールを調べたが特に変わった様子はなかった。
特に不審な点がないことから、転落事故だと判断する目暮。
しかしコナンは、コンテナの数が合わないことが引っかかる。

蘭は「私たちが声をかけて手を振ったりしたから・・」と落ち込んでいる。
しかし直哉が「モノレールに乗っている時は手すりから手を離しちゃいけなかったんだ。悪いのはルールを守らなかった親父だ」と、蘭たちを庇う。
信子も「そうね、モノレールのクラクションでも鳴らせばよかったのに。右手を振ったりするから・・」と呟いた。

コナン(そうか・・。わかったぜ

Sponsored Link

名探偵コナン第924話|謎解き&ネタバレ&無料動画

名探偵コナン第924話|謎解き

【謎解き①】
棚からアルバムをとろうとした哲二は、右肩を抑えた。
どうやら五十肩のようだ。

【謎解き②】
コナンは、事件の前と事故の後でのコンテナの数が合わないことに気づいた。

名探偵コナン第924話|ネタバレ

目暮は「この件は、不運な転落事故とみて間違いないでしょう」と言い、引き上げようとする。

そこでコナンは、腕時計型麻酔銃で園子を眠らせ、蝶ネクタイ型変声機で園子の声を使って推理を話し始めた。

相変わらずだる~い気分にさせてくれるわね、目暮警部

蘭たちが哲二に向かって手を振った時、哲二は手を高く挙げて振り返してくれた。
だが、哲二は五十肩のはず【謎解き①】。
そんな人が手を高く挙げられるはずがない。

恐らく哲二は何者かによって、後ろから自らの意思とは無関係に無理矢理手を振らされていた。
モノレールには哲二以外に誰も乗っていなかったように見えたが、何者かがモノレールの荷台に隠れていた。

高木はモノレールを調べ、人が隠れられるようなスペースがないことを指摘する。

荷台の先頭には足跡がついており、それは哲二のものだ。
その足跡に足を合わせて荷台に座るように高木に指示した。
園子の指示通りに高木は座ろうとするが「うわ、いたっ!」と尻もちをついてしまう。
足跡の位置から積んであるコンテナまでは距離があるため、今のままでは座ることはできないのだ。
だとすると、恐らくもう一列コンテナが入っていたと思われる。
それも、犯人が隠れるためのコンテナが・・。

仮にそうだとしても、このコンテナに大人が隠れるのは無理なんじゃないかな」と高木。
実際に高木がコンテナに入ってみるが「全然無理ですよ」と、隠れることはおろか、入ることすらできない。

そこでコナンは折り畳んだコンテナを高木に渡した。
そのコンテナは、底面と側面が可動する仕組みになっている。
底面を折り畳めば、3つのコンテナが一続きになり、人が隠れられるほどの大きな空間になる。
加えて、山頂にいた蘭たちの死角になっている右手の側面を開けたままにすれば、気づかれずに中から手を出して哲二の手を振らすことも可能なはず。

その折り畳み式のコンテナと同じものが、みかん畑に何個か落ちていた【謎解き②】。
つまり犯人は、折り畳みのコンテナに隠れて哲二を落下させ、そのままモノレールが自動運転で折り返す仕組みを利用して、蘭たちの前を通り過ぎ、麓まで戻っていった。
その後、モノレールを降り、哲二の転落を目撃したフリをして現場に駆け付けた。

目暮は「で、犯人は誰なんだ!?」と尋ねる。
すると直哉が「俺がやったんだ!」と声を上げた。
目暮が直哉から詳しい話を聞くため、署に連行しようとするが、「夫を殺めたのは私よ!」と信子が叫んだ。
ええ?!」と目暮は驚く。

信子は、哲二を殴ったハンマーが作業台の下に隠してあることを証言した。
そのハンマーの指紋を調べれば、自分が犯人だということがわかるはずだ、と信子は話す。
信子の証言通り、高木は作業台の下からハンマーを発見した。

信子が自供したことに対して直哉は「どうして・・」と呟く。
それはこっちの言うことよ。なんで私なんかを庇って捕まろうとしたの」と信子。

信子は、みかん園の売却の話を偶然聞いてしまった。
売却の理由が哲二の女遊びで作った借金の返済のためだと思った信子は、哲二を殺害。
しかし、最初に売却を提案したのは直哉だったことを哲二を殺害した後で知ることになった。

ワンマンの家族経営では、この先生き残っていくことはできない。
そこで、外部の新しいやり方でみかん園を盛り返してもらうため、直哉は売却を勧めたのだ。

事情を知らずに勘違いをしてしまった信子は、直哉にみかん園を残したい一心で哲二を殺害してしまったと話す。

家族で売却の真相をきちんと話し合っていればこんなことには・・」と話す高木。
だが直哉は、哲二に「あいつは絶対に反対するから」と口止めされていたことを話す。
信子は「私って信用なかったのね・・」と眉を下げる。

事件の後、麓の小屋へ向かう途中で、信子に売却の真相を話した直哉。
すると突然信子は泣き出し、哲二を手にかけたことを話した。
直哉は「事故で処理されるならそれでよかった。でも、もしおふくろが疑われたら、誤解とはいえおふくろは俺のために親父を・・。だから、もしもの時は俺が罪を被ろうと・・」と涙ながらに語った。
直哉の言葉を聞いていた信子は、やはり直哉には話すべきではなかったと涙した。
そして、目撃者として利用してしまった蘭たちへ「ごめんなさい」と何度も頭を下げた。

(エピローグ)
帰りの電車の中で、収穫したみかんを食べる園子。

園子は「自分で収穫したから、一段と美味しく感じるわ」と言い、次から次へとみかんを食べていく。

コナン「そんなに一気に食べない方がいいんじゃない?

園子「いいのよ!みかんは低カロリーだから、どんなに食べても太らないし

コナン「朝の果物は金、昼は銀、夜は銅って言葉知らないの?

園子「なによ、それ

コナン「余分な果糖は、肝臓で中性脂肪に変わるんだよ。だから果物の食べすぎは厳禁だって言われてるんだ。特に夜は体を動かさないから

園子「ちょっと~!そんな大事なことはもっと早く言いなさいよ~!うわぁ~、なんかお腹がいつもよりプニプニな気がする~ぅ

コナン(そんなすぐに脂肪になんねェーよ

名探偵コナン第924話|無料動画

現在調査中。

まとめ

■ BACK:
第923話「コナンのいない日」
■ NEXT:
第925話「心のこもったストラップ(前編)」

こちらでは、名探偵コナンの以下の事柄について迫りました。

■ アニメ版第924話「みかん畑に陽は沈む」:
・事件ファイル概要
・あらすじ
・登場人物
・謎解き
・ネタバレ
・無料動画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう