名探偵コナン第915話JK探偵鈴木園子のあらすじ!花壇に白い手が!?

シーズン23

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第915話「JK探偵鈴木園子」の登場人物やあらすじについてご紹介させていただきます。

事件ファイル概要

事件ファイル
    ■ 話数:
    第915話
    ■ 事件ファイル名:
    JK探偵鈴木園子
    ■ 放送日:
    2018年9月29日
    ■ 放送曜日:
    土曜日
    ■ 主題歌:
    OPテーマ カウントダウン(NormCore)
    EDテーマ Aozolighter(Cellchrome)
    ■ BACK:
    第914話「連れ去られたコナン(後編)」
    ■ NEXT:
    ⇒ 第916話「恋と推理の剣道大会(前編)」

Sponsored Link

登場人物

主要キャラ

江戸川 コナン
CV:高山みなみ

毛利 蘭
CV:山崎和佳奈

鈴木 園子
CV:松井菜桜子

ゲスト

佐々木 博人(ささき ひろと)
CV:相沢まさき
40歳。佐々木スタジオ所長。

水上 利香(みなかみ りか)
CV:藩めぐみ
25歳。アシスタント。

吉村
佐々木の友人。

ナナエ
吉村の妻

Sponsored Link

あらすじ

花壇に白い手が・・

ある日の夜。コナンと蘭は、星の観測をしたいという園子に付き合って公園にやってきました。

コナンと蘭がベンチに座って見守る中、滑り台の上で空を眺めていた園子はすっかり飽きてしまい、双眼鏡を下に向けて町の観察を始めました。

その直後、園子がけたたましい叫び声を上げ、滑り台から転がり落ちてきました。

「て、手がっ!誰かの手が花壇に!!」

園子は、花壇に植えられた花の中で白い手を発見し、謎の黒い手がその白い腕を持ち上げて指輪を抜き取る瞬間を目撃したというのです。

その白い腕はピクリともせず、間違いなく遺体の腕だと断言する園子。念のため、コナンは園子が見たという花壇に向かい、本当に遺体があるのか確認することにしました。

園子の見間違い?

こうしてコナンたちは佐々木スタジオの前にある花壇にやってきたのですが、遺体どころか白い腕すら見当たりません。

絶対に見間違いではないと言い切る園子が花壇を調べ始めると、ビルの中から佐々木スタジオの所長・佐々木博人が何の騒ぎだと出てきました。

このあと、コナンたちは佐々木スタジオの1階にある仕事部屋に案内され、佐々木とアシスタントの水上利香に事情を説明しました。

すると佐々木は、園子が見たのはきっとマネキンの腕だと大笑い。それに対し、園子は見間違うはずがないと反論します。

そこでコナンは、公園の滑り台から佐々木スタジオの花壇を見るのは不可能だと指摘し、園子に花壇から公園の滑り台が見えるかどうか確認させることにしました。

その結果、滑り台はビルの陰になって見えず、唯一見えるのは公園の中央にある大時計だけでした。花壇から見えないということは滑り台からも見えないということ。だとすると、やはり園子は見間違いをしていたのでしょうか?

花壇は別の場所だった

コナンは、園子がウソをついているようには思えず、どこかの花壇と見間違えた可能性があると考えました。

すると佐々木は、背中合わせのビルの屋上に同じ花壇があることを教え、コナンたちを案内することにしました。

そこは吉村緑化研究所で、持ち主の吉村と佐々木は友人関係にあるようです。

佐々木は、吉村は出張で不在だが、妻のナナエがいるはずだと説明して呼び鈴を鳴らしました。しかし、いくら呼び鈴を押しても応答はありませんでした。

そこで佐々木は吉村に電話をかけ、合鍵を使って中に入っていいか確認をとりました。二人は何かあった時のためにどちらも合鍵を持っているらしく、事情を聞いた吉村は二つ返事で了承しました。

さっそくビルに入った佐々木は、ナナエに呼びかけながら奥へと進みました。ガレージには車が二台停めてあり、ナナエが車で出かけた様子はありません。仮に出かけようとしても、ビルの前の道路が水道管の工事をしているため車を出すことは不可能です。

このあと、コナンたちは吉村のプライベートルームに行き、そこでナナエのスマホを発見しました。

次に屋上へ向かうと、佐々木が言った通り、同じ花壇があり、そこから公園の滑り台も見ることができました。

花壇の傍らにはスコップが落ちていて、園子はそれを使ってナナエの遺体を埋めたと推理します。しかし花壇はかなり浅く、遺体を埋めることなど到底不可能でした。

Sponsored Link

JK探偵の推理

諦めきれない園子は、犯人が吉村ビルの中にナナエの遺体を隠したと推理します。すると、佐々木はナナエが殺害されたと決めつける園子に激怒し、コナンたちをビルから追い出しました。

もし園子の言った通り本当に遺体があったとすると、犯人は誰なのでしょうか。

仕事部屋に一人で居たという佐々木が犯人なら、隣のビルに行っている間に水上が訪ねてきて、仕事部屋に居なかったことがバレる可能性があります。

買い物に出ていたという水上なら、帰りに隣のビルによって犯行に及び、すぐに佐々木スタジオに戻ることは可能です。しかし、急ぎの用で呼び戻され、一分一秒惜しい彼女には犯行に費やす時間があったとは思えません。

コナンと蘭と別れた園子は宝石店の前を通りかかり、花壇の中で黒い手が白い手から指輪を抜き取ったことを思い出しました。

「マネキンが指輪なんかしてるはずない。あれはやっぱり人間の手だったのよ。でも、その遺体をどこに隠したっていうの?」

園子は、閉店後に立て看板を片付けようとする店員を見てハッとし、犯人が遺体を隠した場所に目星をつけたのですが──。

関連記事

まとめ

■ BACK:
第914話「連れ去られたコナン(後編)」
■ NEXT:
⇒ 第916話「恋と推理の剣道大会(前編)」

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第915話「JK探偵鈴木園子」の登場人物やあらすじについてご紹介させていただきました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう