妃英理弁護士の恋(名探偵コナン474話)のネタバレ!英理が浮気!?

シーズン12

こちらの記事では、アニメ「名探偵コナン」の第474話「妃英理弁護士の恋」のネタバレを紹介しています。

事件の概要をざっくりまとめると、

小五郎と英理の『初デート記念日』を祝うために妃法律事務所にやってきた蘭とコナン。

しかし、英理は普段と違ってどこか素っ気なく、呼び出しの電話を受けて慌てた様子で出かけて行ってしまいました。

ゴロの世話をしながら栗山の帰りを待っていたコナンたちは、ゴロがひっくり返した花瓶の中で英理と見知らぬ男のツーショット写真を発見。

さらに、その花瓶の中には英理の結婚指輪も隠されていて、『英理が他の男と浮気している』と激怒した蘭は、コナンを引っ張って英理の跡を追いかけることに。

こうしてやってきたのがドッグカフェだったのですが、テーブル席で英理と向かい合って座る男・戸部は、あろうことか他の女性にまで声をかけ、その言葉はなぜか奇妙な赤ちゃん言葉・・。

蘭は英理に直接話を聞くため、二人のテーブル席へ近づきました。その時、英理が泣いていることに気づき、その涙の原因が戸部にあると思い込んだ蘭は、咄嗟に回し蹴りを繰り出したのですが──。

それでは、コナンの推理をもとに第474話のネタバレを詳しくまとめていきたいと思います!

関連記事

Sponsored Link

ネタバレ

蘭が戸部に回し蹴りを放った直後、コナンはありったけの声を出して戸部の正体を蘭に知らせました。

すると、蘭の足は戸部にヒットする既の所で止まり、漸くこの状況に気づいた英理と戸部は困惑した表情を見せました。

戸部の正体

英理と密会していた男・戸部の正体は”獣医師”でした。

先ほど、戸部は赤ちゃん言葉で女性に話しかけていましたが、これは女性ではなく女性が抱えていた犬に声をかけていただけであって、普段から診察の際に赤ちゃん言葉を使っているため思わず出てしまったのです。

そして戸部の腕についている無数の生傷は、診察の時に動物に引っ掛かれたり噛まれたりしたためにできたものです。

何よりも戸部が獣医師だという決定的な証拠は、犬の耳をめくって匂いを確認していたことです。これは、その犬が病気にかかっているかどうか確かめるための獣医師ならではの診察方法です。

英理が泣いていた理由

そもそも蘭が怒りを爆発させた原因は、滅多に涙など見せない英理が泣いていたからです。では、なぜ英理は『震えが止まらない』と言って涙を流していたのでしょうか?

実は、英理が体の震えが止まらないと言っていたのは、自身のことではなくゴロのことだったのです。

昨夜、英理は寝ているゴロの体がぴくぴく震えていることに気づきました。しばらく様子を見ても震えが止まることはなく、何かの病気なのではないかと心配になり、戸部に相談することにしました。

しかし英理の仕事の都合上、診察時間中に戸部の医院を訪ねることができず、何とか時間をとってもらえないかと戸部にお願いし、戸部が毎朝立ち寄るドッグカフェで落ち合うことになりました。

そして、ゴロの症状を伝えながらも不安を抱えていた英理は思わず涙してしまったというわけです。

Sponsored Link

サブストーリー

戸部の診断で、ゴロは夢の中で遊んでいただけだったとわかり、英理は安堵の胸を撫でおろしました。

こうして英理の不安は解消され、事態は収束したかのように思えました。しかし、蘭はなぜ結婚指輪を花瓶に捨てたのかが引っ掛かっており、不機嫌なオーラを漂わせて英理を問い詰めました。

すると英理は、先日指輪を失くしてしまったことを打ち明けました。

実は、ゴロは一度遊んだものを例の花瓶の中に隠す習性があり、前に遊んだことのある英理の指輪をデスクの上で発見し、花瓶の中に隠したのです。

蘭は、英理が故意に指輪を隠したわけではないと知り、落ち着かない様子でどんどん後退りしていきます。──が、英理はそれを見逃さず、自分の浮気を疑った娘に突き刺すかのような眼差しを向けました。

その鋭い視線に射抜かれた蘭はたじたじになり、戸部に一言詫びると、コナンの手を引っ張って店を飛び出しました。

帰り道、どこか腑に落ちない点がある蘭は、その原因を突き止めるために今日一日の英理の様子を思い返してみました。

そして蘭はハッとし、英理が普段と違って胸元が大きく空いた服を着ていたことに気づきました。やはり戸部と何かあるのだと察した蘭は、慌ててドッグカフェに引き返そうとします。

そこでコナンは蘭にストップをかけ、自分たちが英理の事務所に行ったわけを思い出させました。

「え、初デート記念日!?」

実は、英理は小五郎との仲直りを考えていて、初デート記念日であるこの日に初デートの時の服と同じものを着て小五郎を食事に誘おうとしていたのでした。

関連記事

Sponsored Link

エピローグ

その夜、スナックで大酒を飲んで酔い潰れた小五郎は、いびきをかいて眠りこけていました。

居合わせた友人の話によると、小五郎は眠りに落ちるまでずっと携帯を眺めてブツブツ言っていたらしく、誰かからの連絡を待っていたのは明白です。そして、間抜けズラで眠る小五郎の格好はタキシード。

結局、英理からの連絡はなく、不貞腐れて眠ってしまったようですが、小五郎もちゃんと『初デート記念日』を覚えていたんですね~。

小五郎の居眠りシーンはこちらから

まとめ

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第474話「妃英理弁護士の恋」のネタバレを紹介させていただきました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう