少年探偵団の雨宿り(名探偵コナン824話)のネタバレ!殺人事件の真相は?

シーズン21

こちらの記事では、アニメ「名探偵コナン」の第824話「少年探偵団の雨宿り」のネタバレを紹介しています。

事件の概要をざっくりまとめると、

大雨の中、トイレを借りるために森の中の洋館に駆け込んだコナン、元太、光彦、歩美。ところが、中にいたのは家主ではなく二人組の強盗・アニキとノッポでした。

トイレを済ませた後、コナンは強盗だと気づいていない元太たちを連れて急いで外へ出ようとしました。

しかしその時、助けを求める女性の声が聞こえ、それを耳にしたコナンたちはアニキとノッポによって洋館内に閉じ込められてしまいました。

アニキたちを振り切って二階にやってきたコナンたちは、ロープで体を縛られた雨宮真樹を発見!

救出された真樹は、シャワーを出た直後に強盗に襲われて気絶させられ、家にいたはずの夫・翔が今どこにいるのかわからないと説明しました。

コナンたちは迫り来る強盗に反撃しつつ、なんとか相手の隙を作って玄関にたどり着くことに成功。

しかし、コナンは棚の奥にあるドアの端に血痕が付着していることに気づき、ドアの向こう側を確かめるために引き返しました。

そこでコナンが目にしたのは、部屋の中央に血塗れの状態で倒れている翔の姿でした・・。

慌ててコナンを追いかけてきた元太たちは、遺体を見てただただ立ち尽くしていました。その背後に、ナイフを持ったアニキとノッポが迫っているとも知らずに──。

それでは、少年探偵団の活躍をもとに第824話のネタバレを詳しくまとめていきたいと思います!

関連記事

Sponsored Link

ネタバレ

閉じ込められた少年探偵団

コナンたち少年探偵団と真樹は、ナイフを持ったアニキとノッポによって一室に追い込まれてしまいました。

アニキたちの狙いは金塊を盗むことで、その在り処を教えろと、さらに真樹に脅しをかけます。

真樹が隠し場所を教えると、アニキたちはその場を離れて金庫のある部屋に向かい、中に入っていた金塊をさっそくバッグに詰め始めました。

アニキたちがいない隙に、コナンたちは和気藹々としながらおもちゃ箱の中を調べ、何か使えそうなものはないかと相談を始めました。

真樹がこんな状況なのに楽しそうにしている子供たちを不思議に感じると、それに気づいた歩美は微笑み、絶対的な自信があると説明しました。

「だってコナンくんがいるんだもん。どんなピンチだって必ず乗り越えちゃうんだから!」

少年探偵団VS強盗

アニキたちは金塊をバッグに詰め終え、再びコナンたちを閉じ込めた部屋に戻ってきました。ところが、中には誰の姿もありません。

二人が困惑していると、突如として黒いマントの怪物が現れました。自分たちよりも遥かに背の高い怪物を前に、アニキとノッポは後退りします。

アニキたちが怯えている様子を見て、怪物の中に入っていたコナン、元太、光彦は大笑い。そして、どちらが怪物をやっつけるかの口論が始まると、ノッポはウンザリだと言って逃げ出して行きました。

歩美はアニキが一人になったことを好機と捉え、アニキの足元にこっそり近づいてびっくり箱の蓋を開けました。すると、中から勢いよくパンチンググローブが飛び出し、それがアニキの股間に命中・・。

コナンたちは、のたうち回るアニキを尻目に、部屋を抜け出して玄関へと向かいます。しかしその途中、歩美がノッポに捕まってしまいました。

そこでコナンは、おもちゃ箱から取り出したスケボーに乗り、勢いをつけてノッポに突進しました。ノッポが怯んだ隙に歩美は逃げ出したのですが、今度はバランスを崩して床に転がったコナンがアニキに捕まってしまいました。

そして、アニキがナイフを高く振りかざしたことで、誰もがもうダメだと感じました。その時、これまで怯えているだけだった真樹が、咄嗟に金塊のバッグを掴んでアニキの頭を殴りつけました。

こうして強盗を倒したコナンたちと真樹は、アニキとノッポの体をロープで拘束し、取り返した真樹の携帯で警察に通報しました。

Sponsored Link

殺人事件の真相

警察の到着を待つ間、コナンは洗濯物が干してあった部屋を再び調査していました。すると、そこに真樹が現れ、何しているのか問いながらコナンに近づいてきました。

そこでコナンは、真樹の夫・翔を殺害した犯人はアニキとノッポではなく真樹だと推理しました。そして真樹は、今回の強盗事件を計画した黒幕でもあります。

コナンが真相を突き止めたのは、翔を殺害できたのは真樹しか居ないと気づいたからです。

翔の遺体はかなり出血していました。となると、犯人もかなり返り血を浴びたはずです。恐らく、シャワーを浴びなければ洗い流せないほど大量に。

しかし、アニキとノッポには返り血を浴びた様子はありませんでした。それに、バスルームをトイレと間違えるくらい場所の把握ができていない彼らがシャワーを使ったとも思えません。

そして、返り血は体だけではなく着ていた服にも付着したはずです。だから真樹は慌てて着ている服を洗濯し、血を洗い流したのです。その証拠に、干してある洗濯物の中でワンピースだけが湿っています。

しかし、いくら洗い流しても血液反応を隠すことはできません。警察がワンピースを調べれば、血が付着していたことがすぐにわかるはずです。

犯行の計画と動機

コナンに真相を見破られ、真樹は夫を殺害した罪を認めました。

動機は、自分に残すはずの財産をどんどんくだらない玩具に変えていく翔のことが許せなかったからでした。

真樹はあらかじめ、ネットで金塊の情報を流してアニキとノッポを唆し、この日、雨宮家に強盗に入るように仕向けました。

真樹の計画では、アニキたちが偽の金塊を盗んでいるところに、いつも巡回に来る警官が現れ、強盗と殺人の容疑でアニキたちが逮捕されることになっていました。

しかし、この日は大雨のため警官は現れず、真樹の計画は失敗に終わったのでした。

Sponsored Link

サブストーリー

真樹は口封じのため、コナンを殺害することにしました。

コナンはナイフを振り回す真樹から何とか逃れ、螺旋階段を駆け上がります。その跡を追いかける真樹がナイフを持っていることに気づいた元太たちは、瞬時にコナンの身の危険を察知しました。

そこで元太は、階段を登らせまいと真樹の足にしがみつきました。しかし、その行動がさらに真樹を怒らせ、ターゲットがコナンから元太たちへと変わってしまいました。

焦ったコナンは壁に刺さっていたダーツの矢の束を鷲掴み、天井に吊るされたゴメラの像に向かって放り投げました。

そのうちの何本かがゴメラと天井を結ぶ糸を切断し、支えを失ったゴメラは真っ逆さまに落下。

ちょうどその真下にいた真樹は、元太の何倍もある大きさのゴメラ像に押しつぶされ、身動きがとれなくなったのでした。

関連記事

エピローグ

その後、駆けつけた警官によってアニキ、ノッポ、真樹は連行されました。

コナンたちは激しい戦いに疲れ果て、しばらく玩具は見たくないと嘆きました。

そこに高木刑事が現れ、お手柄の少年探偵団にご褒美の玩具をプレゼントすると言い出しました。

元太たちは、あからさまに不機嫌なオーラーを漂わせ、高木刑事を睨みつけたのでした。

少年探偵団と高木刑事の会話のシーンはこちらから

まとめ

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第824話「少年探偵団の雨宿り」のネタバレを紹介させていただきました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう