暗号付きの招待状(名探偵コナン735話)のネタバレ!拳銃が行方不明!?

シーズン19

こちらの記事では、アニメ「名探偵コナン」の第735話「暗号付きの招待状」のネタバレを紹介しています。

事件のあらすじをまとめると、

ある日、毛利探偵事務所に北坂香織という女性がやってきました。彼女の依頼は、判じ絵の暗号を解いてパーティー会場がどこなのか突き止めて欲しいというものでした。

小五郎はすぐに謎を解き明かし、香織は小五郎が断言した大学のホールへと向かうことに。しかし、小五郎の推理に納得できないコナンは、元太たちと夏休みの宿題をしている最中も悶々としていました。

そして、遂にコナンは元太たちの会話をヒントにして判じ絵が示す本当のパーティー会場を見破り、すぐに小五郎に伝えました。

本当の場所を知らせるため、小五郎はすぐに香織に電話をかけました。しかし、彼女が調査依頼書に書いた自宅の番号はウソのもので、小五郎は香織の携帯に電話して会場の場所が違っていたことを教えることにしました。

大学のホールにいた香織はパーティーが始まる前に本当の会場がわかって良かったと話し、すぐにベルツリータワーに向かうことにしました。

こうして一件落着したわけですが、コナンは香織が携帯だけ本当の番号を書き、自宅はウソの番号を書いていたことが引っ掛かり、最後の数字を予想して電話をかけてみました。

すると、電話に出たのは香織の母で、なぜか電話越しに佐藤刑事と高木刑事の声が聞こえてきました。コナンは小五郎と電話を代わり、なぜ北坂家にいるのか佐藤刑事に聞いてもらうことにしました。

佐藤刑事は、北坂家で遺品として保管されていた大日本帝国陸軍の十四年式自動拳銃が紛失したことを打ち明け、それを持ち出したのは娘の香織の可能性が高いと説明。

さらに、香織の母の話によると、香織が出席する結婚パーティーの主役の男性は、結婚相手と香織の二股をかけていた挙句、香織は捨てられてしまったといいます。

それを聞いたコナンは、香織がわざわざ小五郎に依頼してまでパーティーに出席しようとした目的を見破りました。

それでは、コナンの推理をもとに第735話のネタバレを詳しくまとめていきたいと思います!

関連記事

Sponsored Link

ネタバレ

香織の狙い

事務所に来た時、香織は大きなクラッチバッグを持っていました。恐らく、そのバッグの中には拳銃が入っているはずです。

さらに、これからパーティーに出席するというのに、香織は踵の低い靴を履いていました。それは拳銃を撃つ時に狙いを外さないように体を安定させるためです。

以上のことから、香織の狙いは元恋人で今回のパーティーの主役である永井光平を殺害することだと考えられます。

コナン、小五郎、蘭はタクシーに乗り込み、急いで東都ベルツリータワーに向かいます。しかし、パーティーが始まる午後4時には間に合いそうもありません。

コナンは、なんとか香織を思い留まらせようとメールを送ることにしました。

Sponsored Link

幻の銃撃事件

午後4時。ベルツリータワーでは結婚を祝うパーティーが始まり、主役の永井が壇上に上がりました。

永井が挨拶をしている間にコナンたちは会場に到着したのですが、どこを捜しても香織の姿は見当たりません。

その時、小五郎は香織らしき人物を発見し、蘭、佐藤刑事、高木刑事とともにその跡を追いかけ、慌ててエレベーターに乗り込みました。──が、それは香織ではなく全くの別人でした。

一方、会場に残っていたコナンは、永井の方へ真っ直ぐ歩いて行く香織の姿を見つけ、急いで彼女のもとへ向かいます。

しかし、客に阻まれて追いつくことができず、そうしている間にも香織は舞台の最前列、つまり永井の真ん前に到着してしまいました。

コナンは遠くから麻酔銃を構えますが、やはりたくさんの人の中で狙いを定めるのは難しく、ギュッと奥歯を噛みしめてただただ思い留まって欲しいと願いました。

香織はジッと永井の顔を見つめた直後、ゆっくりとバッグから取り出した花束を永井に向け、『おめでとう』と微笑みました。

永井がそれを受け取ったことを確認すると、香織は踵を返して会場を後にしました。

ケムシとイモムシ

すぐに跡を追いかけたコナンは、思い留まってくれて良かったと香織に伝えました。

すると香織は携帯のメールを見せ、これのおかげで高ぶっていた気持ちが消えたと嬉しそうに笑いました。

「そんけなおといことわけかれてよいかったね。ケムシとイモムシ」
(そんな男と別れて良かったね)

このメールは、先ほどコナンがタクシーの中で送ったものでした。

このあと、佐藤刑事と高木刑事が駆けつけ、香織は銃刀法違反の罪で警視庁へ連行されたのでした。

関連記事

Sponsored Link

エピローグ

その後、香織は不起訴処分となり、幻の銃撃事件は無事に解決しました。

すっかり日が沈んだ頃、コナンは阿笠邸に戻り、明日行くことになっているベルツリータワーの話題で盛り上がる元太たちを遠くから見ていました。

まさか、そのベルツリータワーで新たな銃撃事件がコナンたちを待ち受けているなど、この時は誰も思いもしませんでした・・。

少年探偵団の会話のシーンはこちら

まとめ

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第735話「暗号付きの招待状」のネタバレを紹介させていただきました。

殺人事件を未然に防ぐことができ、香織さんが殺人者にならなくて良かったです。

あらすじ記事で、パーティーの招待状を暗号にしたら出席できない人もいるのでは?と書きましたが、後半のストーリーの中で場所がわからず来れなかった人がいたことが判明しました(笑)

いくら推理研究会のOB、OGだからといって、暗号の招待状はやめたほうがいいですね。最悪、出席者ゼロになっちゃうかも?

そして、エピローグの銃撃事件が続く・・とは、映画「異次元の狙撃手」のことを指しているようです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう