名探偵コナン第413話「完全半分犯罪の謎」のあらすじ!登場人物や声優も

シーズン10

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第413話「完全半分犯罪の謎」の登場人物やあらすじについて紹介させていただきます。

事件ファイル概要

事件ファイル
    ■ 話数:
    第413話
    ■ 事件ファイル名:
    完全半分犯罪の謎
    ■ 放送日:
    2005年9月5日
    ■ 放送曜日:
    月曜日
    ■ 主題歌:
    OPテーマ 星のかがやきよ(ZARD)
    EDテーマ 世界 止めて(竹井詩織里)
    ■ BACK:
    ⇒ 第412話「神社鳥居ビックリ暗号(後編)」
    ■ NEXT:
    第414話「青い鳥を追う探偵団」

Sponsored Link

登場人物

主要キャラ

江戸川 コナン
CV:高山みなみ

毛利 小五郎
CV:神谷明

目暮 十三
CV:茶風林
警視庁捜査一課強行犯三係の警部。

ゲスト

井上 涼子(いのうえ りょうこ)
CV:神田和佳
40歳。日売テレビ制作部プロデューサー。

八神 譲二(やがみ じょうじ)
CV:仲木隆司
50歳。脚本家。

香田 杜夫(こうだ もりお)
CV:福島潤
29歳。脚本家。

佐久間 晃(さくま あきら)
CV:木下浩之
45歳。脚本家。

間暮 倫太郎(まぐれ りんたろう)
CV:梅津秀行
「名探偵マグレ」の主役。

Sponsored Link

あらすじ

『名探偵マグレ』

ある日、毛利探偵事務所に日売テレビ制作部プロデューサーの井上涼子がやってきました。

涼子の依頼は、ミステリードラマ『名探偵マグレ』の脚本家に小五郎の体験を話して欲しいというものでした。

マグレは週ごとに三人の脚本家が交代で台本を書いているのですが、5年続いたとなると、さすがにネタやトリックも尽きてしまったようです。

毎週欠かさずにマグレの放送を見ているコナンは、第99話『52番目の密室』がまさに傑作だったと絶賛しました。

その理由は、話の中で登場したトリックが、クレーンを使って家を丸ごと持ち上げるというもので、普通では思いつかないその発想に心を惹かれたからです。

涼子
52番目の密室はミステリーとしてとってもよくできた一本だと私も思うけど、放送されたのは2年以上前よ。コナンくんって今いくつなの?

コナン
あ、えっと、ビデオで見たんだ。この間・・(汗)

中学生の時に見たとは言えず、あたふたして必死に言葉を探すコナンくん。可愛いですね~♪

事件発生

数日後、涼子の依頼を引き受けた小五郎は、コナンを連れて日売テレビにやってきました。──が、約束の時間よりも早く着きすぎてしまい、最上階にある喫茶室で休憩することにしました。

その頃、会議室では、涼子と脚本家の八神譲二、香田杜夫、佐久間晃が今後のシリーズの展開について打ち合わせをしていました。

途中、八神が飲み物が欲しいと言い出したため、新人の香田は三人に注文を聞き、給湯室へ行ってコーヒーとお茶の用意を始めました。

香田の不在中、八神は飲み物の用意より打ち合わせの方が大事だと不満を漏らし、脚本家として心構えが足りていないと香田のことを批判しました。

しばらくして戻ってきた香田は、4つのカップが載ったトレイをテーブルに置き、そのうちの1つを涼子に渡すと、ミルクを忘れたと言って再び給湯室へ行ってしまいました。

トレイに残っているカップはコーヒー2つと日本茶1つで、佐久間は日本茶を香田の席に置き、自分の分のコーヒーを取って、残りのカップをトレイごと八神に回しました。

八神は文句を言いながらもカップを手に取り、コーヒーを口に含みました。その直後、突然八神が喉元を押さえて苦しみ出しました・・。

Sponsored Link

捜査開始

涼子から連絡を受けた小五郎は、コナンを連れて問題の会議室へ急行しました。すでに八神は息絶えており、遺体の傍にはコーヒーカップが転がっていました。

このあと、目暮警部たち警察が到着し、事件の捜査が始まりました。遺体の口元からアーモンド臭がすることから、青酸系の薬物による毒殺と判明。

鑑識の結果、毒物は床に零れていたコーヒーに混ざっていたことがわかったのですが、他の3つの飲み物からは全く検出されませんでした。つまり、犯人は八神のコーヒーだけに毒を入れたということです。

飲み物を用意した香田は、給湯室にあったカップに毒が塗られていた可能性があり、それが偶然八神の手に渡ってしまったのではないかと説明します。

このように香田は無差別殺人を主張していますが、日売テレビの関係者によると、香田が『名探偵マグレ』に自分の将来をかける一方で、八神は香田を番組から降ろそうとしていたようです。

香田に八神を殺害する動機があることがわかり、小五郎や目暮警部は香田に疑いの眼差しを向けました。しかし、肝心の物証が見つかりません。

事件が起きた時、用意されたのはコーヒー3つと日本茶1つ。あの時、香田はトレイを残してミルクを取りに戻り、その間に毒入りコーヒーを取ったのは八神自身です。

もし香田の仕業だとすると、どうやって八神に毒入りコーヒーを選ばせたのでしょうか・・?

香田
そんなに僕を疑いたいのなら、一体どんなトリックを使えば毒入りコーヒーを八神さんに飲ませることができるのか、それを解き明かしてからにしてください!

今回の事件にはどんなトリックが使われているのでしょうか。そして犯人は誰なのでしょうか? 続きはネタバレ記事で紹介します。

関連記事

まとめ

■ BACK:
⇒ 第412話「神社鳥居ビックリ暗号(後編)」
■ NEXT:
第414話「青い鳥を追う探偵団」

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第413話「完全半分犯罪の謎」の登場人物やあらすじについて紹介させていただきました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう