名探偵コナン205話ネタバレや動画!本庁の刑事恋物語3(前編)

シーズン5

こちらでは、名探偵コナンの以下の事柄について迫りたいと思います。

■ アニメ版第205話「本庁の刑事恋物語3(前編)」:
・事件ファイル概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・動画

事件ファイル概要

事件ファイル


Sponsored Link

登場人物

江戸川 コナン
CV:高山みなみ
実際は高校生探偵工藤新一。ひょんなことから薬を飲まされ、小学生の姿になった主人公。事件解決のため頭脳を生かし推理を巡らせ、次々と難事件を解決へ導く。

小嶋 元太
CV:高木渉
少年探偵団の一人。うな重好きの食いしん坊で力持ち。

円谷 光彦
CV:大谷育江
少年探偵団の一人。コナンには劣るが少年探偵団の№2の頭脳を持つ。

吉田 歩美
CV:岩居由希子
少年探偵団の一人。コナンに想いを寄せる。

灰原 哀
CV:林原めぐみ
本名は宮野志保。元黒ずくめの組織の一員でコードネームはシェリー。新一が飲まされた薬と同じ薬を飲み、子供の姿になってしまった。現在は阿笠博士のところでAPTX(アポトキシン)4869の解毒薬の研究をしている。

目暮 十三
CV:茶風林
警視庁捜査一課強行犯三係の警部。恰幅のいい体つきでダンディーなヒゲが特徴。鋭い洞察力を持つ。帽子の下には秘密がある・・。

高木 渉
CV:高木渉
警視庁捜査一課強行犯三係の刑事。少し抜けている部分があるが真面目。少年探偵団の話にもきちんと耳を傾けるため、子供たちから真っ先に頼りにされる。

佐藤 美和子
CV:湯屋敦子
警視庁捜査一課強行犯三係の刑事。捜査一課のマドンナ。車は赤のRX-7に乗っており、運転技術が非常に高い。

白鳥 任三郎
CV:井上和彦
警視庁捜査一課強行犯三係の警部。

猿渡 秀朗(さるわたり ひでろう)
CV:小室正幸
50歳。高校教師。

鹿野 修二(かの しゅうじ)
CV:納谷六郎
49歳。イタリア料理店経営。

猪俣 満雄(いのまた みつお)
CV:小関一
50歳。金融会社社長。

神鳥 蝶子(かんどり ちょうこ)
CV:磯辺万沙子
49歳。ブティックオーナー。

佐藤 正義(さとう まさよし)
CV:大川透
警視庁捜査一課強行犯三係の警視正。佐藤刑事の父。

歩美の母
CV:佐藤しのぶ

放火犯
CV:大友龍三郎

Sponsored Link

あらすじ

ある日の夜、母親と買い物に出かけていた歩美は放火犯を目撃しました。

その翌日、歩美はコナンたちとともに警視庁を訪れ、連続放火事件を捜査している佐藤刑事に男の特徴を話します。

夏だというのに長いコートを着込み、皮の手袋をはめてズボンに零した灯油の臭いを漂わせていた、と。

 

このあと、コナンたちは佐藤刑事、高木刑事、白鳥警部と現場検証に行くことになりました。

その途中、佐藤刑事は交差点に立ち寄り、花を供えて手を合わせました。

今日は佐藤刑事の父・佐藤正義警視正の命日でした。

18年前、強盗殺人犯を追跡していた佐藤警視正は、この交差点でトラックにはねられてしまいました。

運悪く、その日は豪雨で救急車の到着が遅れ、救急車に同乗していた佐藤刑事たち家族が見守る中で息を引き取りました。

その事件は、トラックにはねられた刑事が逃走する犯人に向かって繰り返し呟いていた謎めいた名前から『愁思郎事件』と名づけられました。

当時、異例とも思われる大捜査網が敷かれましたが、事件の核心を掴んでいた刑事が亡くなってしまったため捜査は滞ったまま3年前に時効が成立しました。

 

佐藤刑事は、迷宮入りしたこの事件の手掛かりは4つあったと話します。

1つ目は、帽子とサングラスを身に着けた犯人が防犯カメラに映っていたこと。

2つ目は、トラックの運転手が長い雨ガッパ姿の犯人を目撃したこと。

3つ目は、佐藤警視正が犯人を『愁思郎』と呼んでいたこと。

4つ目は、佐藤警視正の警察手帳に書き記された『カンオ』という3文字。

 

佐藤刑事は父を亡くした時、事件の謎を解いて愁思郎を捕まえてくれる人が現れたら何でも願いを聞いちゃうのにな、と思っていたことを打ち明けます。

それを聞いた高木刑事と白鳥警部は、佐藤刑事の花嫁姿を想像しました。

元太、歩美、光彦、哀、コナンは──、

「わかったら、うな重千杯食わしてくれるか?」

「私、トロピカルランドのお城に住みたーい!」

「それなら僕は、国際宇宙ステーションの搭乗券を!!」

「だったら、私はブランド物のバッグがいいかな」

「ぼ、ボク今度のワールドカップのチケットでもいい?」

 

そこに花束を抱えた男女4人がやってきました。

4人と顔見知りだった佐藤刑事は、父の高校時代の野球部の仲間だと高木刑事に紹介します。

エースの猿渡秀朗、強肩瞬足の鹿野修二、頼れる主砲の猪俣満雄、美人マネージャーの神鳥蝶子です。

猿渡たちは事故現場に花を供えて合掌しました。

 

その時、目暮警部から白鳥警部に連絡が入り、放火犯らしき人物を目撃したという通報があったことを知らされました。

白鳥警部は子供たちを佐藤刑事に任せ、高木刑事を連れて目撃現場に向かうことにしました。

この時、高木刑事は自分が手錠を忘れてきたことに気づきました。
 

「大丈夫?高木くん」

「平気ですよ!いざとなったら白鳥さんのがありますし。それに雑誌の占い見たら今日僕めちゃめちゃラッキーらしいですから」

 
佐藤刑事は、父が事故に遭った日も同じように手錠を忘れ、占いでつきまくっていると言っていたことを思い出しました。

そこで佐藤刑事は、父親の形見である自分の手錠を高木刑事に預けることにしました。

 

白鳥警部たちが去った後、コナンは強行犯捜査係の高木刑事たちが何故放火犯の捜査をしているのか佐藤刑事に尋ねます。

佐藤刑事は、放火4件目の現場近くで刺殺体が発見されたことを告白しました。

Sponsored Link

ネタバレ

品川駅で捜査していた高木刑事は、白鳥警部の目を盗んで佐藤刑事に電話をかけました。

そこで高木刑事が伝えたのは、18年前の愁思郎事件の犯人がわかった、と…。

高木刑事は、品川駅から徒歩で移動しながら佐藤刑事と通話を続けていました。

その時、背後から近づいてきた何者かが高木刑事の頭を殴打し、高木刑事は気を失ってしまいました。

佐藤刑事は突然切れた電話を不審に思い、すぐに白鳥警部に連絡します。
 

「高木くんですか?ええ、一緒にいましたよ。つい4、5分までは」

「じゃあ彼を最後に見た場所と時間を本庁の集中指令室に伝えて!高木くんが誰かに襲われたのよ!!」

 
コナンは、先ほど会った猿渡たちの居場所を教えて欲しいと佐藤刑事に頼みます。

どうやら4人はあのあと居酒屋で飲むと言っていたらしく、その場所は品川駅前でした。

コナンは、高木刑事を襲った犯人と愁思郎事件の犯人が同一人物で、さらにその犯人が猿渡たち4人の中にいる可能性が高いと考えていたのです。

佐藤刑事は車にコナンたちを乗せ、品川駅へ急行します。

(嘘…、嘘でしょ…。あの4人の中にいたなんて。お父さんを殺害した犯人がいたなんて……)

動画

「Hulu」で視聴する
※第1話から第902話まで
名探偵コナン
※本作品の配信情報は2020年6月21日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはhuluのホームページもしくはアプリをご確認ください。

「dTV」で視聴する
※第1話から第902話まで
名探偵コナン
※本作品の配信情報は2020年6月21日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

「U-NEXT」で視聴する
※第1話から第902話まで
名探偵コナン
※本作品の配信情報は2020年6月21日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

■ BACK:
第204話「黒いイカロスの翼(後編)」
■ NEXT:
第206話「本庁の刑事恋物語3(後編)」

こちらでは、名探偵コナンの以下の事柄について迫りました。

■ アニメ版第205話「本庁の刑事恋物語3(前編)」:
・事件ファイル概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・動画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう