名探偵コナン111話ネタバレや動画!料理教室殺人事件(後編)

シーズン3

こちらでは、名探偵コナンの以下の事柄について迫りたいと思います。

■ アニメ版第111話「料理教室殺人事件(後編)」:
・事件ファイル概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・エピローグ
・動画

事件ファイル概要

事件ファイル


Sponsored Link

登場人物

江戸川 コナン
CV:高山みなみ
実際は高校生探偵工藤新一。ひょんなことから薬を飲まされ、小学生の姿になった主人公。事件解決のため頭脳を生かし推理を巡らせ、次々と難事件を解決へ導く。

毛利 小五郎
CV:神谷明
毛利探偵事務所の主人。元刑事で蘭の父親。推理は的外れだがコナンの名推理のおかげで、“眠りの小五郎”として有名。

毛利 蘭
CV:山崎和佳奈
毛利小五郎の娘。高2年生、新一の幼馴染で空手部の女主将。

目暮 十三
CV:茶風林
捜査一課強行犯三係の警部。恰幅のいい体つきでダンディーなヒゲが特徴。鋭い洞察力を持つ。帽子の下には秘密がある。

高木 渉
CV:高木渉
警視庁捜査一課強行犯三係の刑事。少し抜けている部分があるが真面目。少年探偵団の話にもきちんと耳を傾けるため、子供たちから真っ先に頼りにされる。

上森 美智(うえもり みち)
CV:高橋ひろ子
52歳。料理研究家。

小宮山 祐子(こみやま ゆうこ)
CV:落合るみ
24歳。美智の助手。

矢代 和枝(やしろ かずえ)
CV:弥永和子
52歳。美智の同級生。ブティック経営。

上森 薫(うえもり かおる)
CV:篠原恵美
25歳。美智の息子の嫁。

西谷 宏明(にしたに ひろあき)
CV:中原茂
29歳。フランス料理のシェフ。

鑑識課員
CV:千葉一伸

婦人警官
CV:榎本充希子

Sponsored Link

(前編)のストーリー

蘭の行った料理教室で突然起きた停電の最中、先生の上森美智が何者かに背中を刺されて殺害されてしまいました。

犯人は、ヒモに括り付けた重りと氷を使って配電室のブレーカーが落ちる仕掛けをしていました。

そして捜査の結果、内部の者の犯行と断定されました。(前編へ)

あらすじ

教室の棚の引き出しには金串が入っていました。祐子は昨夜に数えた時は10本あったと証言します。しかし目暮警部が確認すると、9本しかありません。

小五郎は、その金串が凶器だと推理します。目暮警部はさっそく容疑者たちの持ち物を調べますが、誰の荷物からも金串は発見されませんでした。

コナンは、窓際に飾られた植木鉢に金串が刺さっていることに気づきました。それは昨夜、美智が添え木として刺したものでした。

その後、病院からの連絡で、美智の傷の深さは5センチ、傷口の直径は1ミリ以下だと判明します。つまり凶器はアイスピックや金串ではなく、針のようなものだということです。

コナンは外へ出て、男子トイレの窓の下を調べます。そこにはコンタクトレンズのケースが落ちていました。

目暮警部は凶器が縫い針だと判断し、容疑者たちの身体検査を行うことにしました。そして和枝が持っていたソーイングセットも念入りに調べられました。

コナンは " ある人 " の作り途中になっている料理を調べ、その中からコンタクトレンズを発見しました。そしてコナンは、犯人が凶器を隠した場所を見破りました。

コナンは、腕時計型麻酔銃で小五郎を眠らせ、蝶ネクタイ型変声機で小五郎の声を使って推理を話し始めました。

Sponsored Link

ネタバレ

上森美智を殺害した犯人は、フランス料理シェフの西谷宏明です。

西谷は、授業の始まる10分ほど前にトイレへ行き、サングラスのような黒っぽいコンタクトレンズをはめました。

トイレから出た西谷は、蘭とすれ違いました。この時、西谷は蘭と祐子を間違えていました。灯りが消された廊下は暗く、黒いコンタクトをつけていたため識別できなかったのです。

日本ではコンタクトレンズは医薬品のため、可視光線透過率(光を通す基準)が決められていて、サングラスのように透過率が低いレンズを売ることは禁止されています。

しかしドラマやCMで使うために瞳孔の部分を着色したレンズをメーカーに特注する例はあります。そのため、絶対に手に入らないというものではありません。

西谷はそのレンズで目を慣れさせておき、灯りが消えた瞬間に素早くレンズを外し、ガラス戸を開けて美智の背中を刺したのです。

凶器に使ったのは、やはり縫い針でした。

しかし針を5センチも刺せば抜けなくなる恐れがあります。そこで西谷は、指ぬきと糸を使ったのです。

糸は針に通しておき、指ぬきの代わりとして使ったのは、西谷の右手人差し指にはめられた指輪です。

恐らく犯行後、証拠が残らないように糸はレンジの炎で処分したと思われます。しかし証拠は他にもあります。

それはトイレの窓の外に落ちていたコンタクトレンズのケース、そして西谷の調理台のボールの中から発見されたコンタクトレンズです。

そして決定的な証拠となったのは、西谷の持っていたボールペンでした。ボールペンの芯の中には、凶器の縫い針が入れられていました。

動機は、経済的援助を打ち切られた恨み。そして美智にレシピを奪われた祐子のためでした。西谷は、ずっと前から祐子のことが好きだったのです。

祐子は、いつか美智が手を加えることができない完璧なレシピを作ることが目標だったと話しました。

結局、西谷の行動は好意から出たものではなく、独りよがりの自己中心的なただの犯罪行為でした……。

エピローグ

後日、蘭は別の料理教室に通いたいと言い出しました。

そこは美智の教室と同じフランス料理を教えているらしく、月謝は一万円のようです。しかし通うのは月に一度だけ。

『一度で一万円』と聞いた小五郎は顔を横にブンブン振り、目刺を食べて『日本人は和食に限る!』と発言します。しかし目刺を慌てて飲み込んだため、骨が喉に刺さってしまいました……。

動画

「YouTube」で視聴する

※【名探偵コナン】の公式 YouTube チャンネル

「Hulu」で視聴する

※第1話から第891話まで
名探偵コナン
※本作品の配信情報は2020年3月16日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはhuluのホームページもしくはアプリをご確認ください。

「dTV」で視聴する

※第1話から第891話まで
名探偵コナン
※本作品の配信情報は2020年3月16日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

「U-NEXT」で視聴する

※第1話から第891話まで
名探偵コナン
※本作品の配信情報は2020年3月16日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

■ BACK:
第110話「料理教室殺人事件(前編)」
■ NEXT:
第112話「帝丹小7不思議事件」

こちらでは、名探偵コナンの以下の事柄について迫りました。

■ アニメ版第111話「料理教室殺人事件(後編)」:
・事件ファイル概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・エピローグ
・動画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう