吹雪に消えた恋人(名探偵コナン767話)のネタバレ!転落事故の真相は!?

シーズン20

こちらの記事では、アニメ「名探偵コナン」の第767話「吹雪に消えた恋人」のネタバレを紹介しています。

事件のあらすじをまとめると、

ペンション『アイスルーム』にやってきたコナン、元太、光彦、歩美、哀、博士。そこで知り合ったのは、ペンションを経営する三姉妹・長女の氷室涼子、次女の氷室綾、三女の氷室樹里と、樹里の恋人の藤田雅彦でした。

その夜、みんなで夕食を済ませた後、樹里はいつも食後に飲む薬を切らせていたことに気づき、雅彦が町の病院まで薬を取りに出かけて行きました。

それからしばらくして、病院からまだ雅彦が来ていないという連絡が入り、みんなで雪の中を歩いて雅彦を捜しに行くことになりました。

すると、Y字路の崖下で転落死している雅彦を発見・・。

コナンは転落現場の雪の積もり方に注目し、山側が妙に高く積もり、崖側がかなり低くなっていることに違和感を抱きました。

さらに、雪の中であるモノの欠片を発見し、コナンは雅彦の転落死の真相を突き止めました。

それでは、コナンの推理をもとに第767話のネタバレを詳しくまとめていきたいと思います!

関連記事

Sponsored Link

ネタバレ

コナンは、いつものように博士に口パクさせ、蝶ネクタイ型変声機で博士の声を使って推理ショーを始めました。

転落事故の真相

雅彦の死は事故ではなく、犯人が脇道に仕掛けた罠で雅彦を転落死させた計画的な殺人でした。

犯人は、まず脇道の雪を山側に寄せておきました。これは、雅彦に山側ではなく崖側を通らせるためです。

こうして通り道を限定し、そこにあらかじめ冷凍庫で作っておいた氷の板を置きました。そして、板の上には雪が降り積もり、まさか雪道が氷の板でできているとも知らない雅彦は、疑うことなくその上を通りました。

その結果、雅彦の体重を支え切れなかった氷の板は割れ、足場を失って雅彦は崖から転落したというわけです。

犯人の犯したミス

先ほど前述した通り、犯人は雅彦を転落させるために氷の板を使いました。氷なら雪に紛れて見えないし、やがては融けてなくなるため、トリックがバレることはないと思っていたことでしょう。

しかし、犯人はミスを犯しました。それは、雅彦の転落現場にあるモノの欠片を残してしまい、それをコナンに発見されてしまったことです。

その欠片は、昨日発売されたばかりのニンニク味のモナカアイスに含まれていたものです。

実は、雪合戦の最中にペンションの中に逃げ込んだ元太は、こっそり厨房に忍び込み、冷凍庫にあったモナカアイスを食べました。だから夕食の時、元太の隣に座っていた歩美が『ニンニクの匂いがする』と言っていたんですね。

元太がつまみ食いをした時、冷凍庫では氷の板を作るため、犯人が水を凍らせていました。その中に元太の食べこぼした欠片が混入し、そのまま凍ってしまいました。そして犯人は気づかぬまま、ニンニクの欠片入りの氷の板を犯行に使ってしまったのです。

となると、犯人はペンションの厨房に出入りできる涼子、綾、樹里の中にいるということになりますよね。

Sponsored Link

犯人はこの人!

今回の犯行は、冷凍庫から氷の板を取り出さなければ実行できません。そして当時、冷凍庫のある厨房では涼子が夕食の支度をしていました。

しかし、涼子は犯人ではありません。もし彼女が犯人なら、娘のように可愛がっている樹里を一生苦しめることになり得る今回の殺害方法を選ぶはずがないからです。

実は、涼子は犯人が冷凍庫から氷の板を持ち出したことを知っていましたが、黙って見て見ぬ振りをしていました。それと同じように、綾も犯人が転落現場で何か細工をしているところを目撃しましたが、気づかない振りをしていました。

犯人は、三女の氷室樹里です!

その証拠に、樹里のポケットから大量の薬が見つかりました。樹里はわざと薬を隠し、雅彦を町の病院へ行かせるように仕向けたのです。

犯行の動機

先日、樹里は雅彦に別れ話を切り出されました。その理由は、”他に女ができたから”でした。

樹里はすんなり受け入れるつもりでしたが、この時、雅彦は言ってはいけない言葉を口にしました。

「お前さ、暗いしトロいしつまんねェんだよ。育て方が悪かったんじゃね?」

自分のことだけならまだしも、病弱な自分をここまで育ててくれた涼子と綾のことまで悪く言われ、樹里の中に殺意が芽生え、犯行に及んだのでした。

関連記事

Sponsored Link

エピローグ

ペンションからの帰り道。車内はニンニク臭が漂い、コナンは鼻をつまんで不満を漏らします。

そんなコナンに目もくれず、元太、光彦、歩美、哀はニンニク味のモナカアイスを頬張っていました。

「意外といけますね!」
「だろ?」
「どうしよう、美味しい!」

そこで哀は、『あなたにはコレ!』と言って本物のニンニクをコナンに押し付けました。

「なんで本物があるんだよ!てか、俺の分は!?」
「「「食べちゃったッ♪」」」

少年探偵団の会話のシーンはこちら

まとめ

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第767話「吹雪に消えた恋人」のネタバレを紹介させていただきました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう