名探偵コナン201話ネタバレや動画!10人目の乗客(前編)

シーズン5

こちらでは、名探偵コナンの以下の事柄について迫りたいと思います。

■ アニメ版第201話「10人目の乗客(前編)」:
・事件ファイル概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・動画

事件ファイル概要

事件ファイル


Sponsored Link

登場人物

江戸川 コナン
CV:高山みなみ
実際は高校生探偵工藤新一。ひょんなことから薬を飲まされ、小学生の姿になった主人公。事件解決のため頭脳を生かし推理を巡らせ、次々と難事件を解決へ導く。

毛利 小五郎
CV:神谷明
毛利探偵事務所の主人。元刑事で蘭の父親。推理は的外れだがコナンの名推理のおかげで、“眠りの小五郎”として有名。

毛利 蘭
CV:山崎和佳奈
毛利小五郎の娘。高2年生、新一の幼馴染で空手部の女主将。

日野 昌平(ひの しょうへい)
CV:中村秀和
41歳。所轄署刑事。

新開 均(しんかい ひとし)
CV:飛田展男
28歳。影鍬村駐在。

夏目 塔子(なつめ とうこ)
CV:鶴野恭子
25歳。バスガイド。

梶田 守(かじた まもる)
CV:星野充昭
35歳。バス運転手。

矢部 拓郎(やべ たくろう)
CV:石井康嗣
32歳。影鍬村役場の青年団長。

船木 武彦(ふなき たけひこ)
CV:堀部隆一
48歳。影鍬村村長。

奥村 荘吉(おくむら そうきち)
CV:塚田正昭
60歳。影鍬村助役。

駒井 きぬ(こまい きぬ)
CV:速見圭
42歳。駒井荘女将。

村人
CV:長嶝高士、千葉一伸
バスの乗客。

女子大生
CV:浅野るり、黒田弥生
バスの乗客。

Sponsored Link

あらすじ

コナン、小五郎、蘭は、観光を楽しむつもりでボンネットバスに乗っていました。

このバスの特徴は、前輪が運転手より前に位置していることです。そのため、運転手が路肩の位置を把握しやすく、普通のバスと比べて容易にすれ違うことができます。

しばらく山道を走っていたバスは急カーブにさしかかり、運転手の梶田守は一旦バスを停め、バスガイドの夏目塔子に誘導を頼みました。

塔子の笛の合図で、バスはうまくカーブを抜けました。この時、コナンは路肩に慰霊碑が建立されていることに気づきました。

その後、再びバスは走り出し、影鍬村(かげくわむら)に到着しました。

そこで乗車してきた影鍬村助役の奥村荘吉は、窓の外を見ていた小五郎に声をかけます。
 
 
「おい!さっさとどかんか。そこはワシの席だ」

「ワシのって…、このバス指定席あり?」
 
 
小五郎は辺りをキョロキョロ見回し、頭に『?』を浮かべます。

この2人のやり取りを見ていた影鍬村役場の青年団長・矢部拓郎は、観光客のために席を空けるように、と村議会で決定したと奥村に伝えます。

しかし、奥村は耳を貸さず、小五郎を杖で脅して強引に席を奪いました。その席は、40年間ずっと奥村の特等席だというのです。
 
 
 
その後、新たに村人数人を乗せたバスは再び走り出しました。

このバスは観光客を乗せるだけでなく、地元の人の足にもなっているようです。

その時、持参したペットボトルのお茶を飲んだ奥村が突然、喉元を押さえ、苦しそうにもがき出しました。

梶田はすぐに進路を変更し、病院へ向かうと言います。しかし、小五郎が奥村に駆け寄って脈を確認すると、すでに亡くなっていました…。

コナンは、ペットボトルのお茶に毒物が混入されていたと考えます。
 
 
 
その後、影鍬村駐在の新開均巡査が自転車で駆けつけ、小五郎とともに捜査を始めました。

コナンは、ペットボトルに針のようなもので開けた穴があり、そこからお茶が漏れ出していると知らせます。

小五郎は、バスに乗っていた者の中で、注射器を持っている人物こそが犯人だと推理します。

しかし、バスの窓は開いていて、捨てようと思えばいつだって捨てられたはずです。それに、犯人は途中でバスを降りた人の中にいるかもしれません。

新開巡査は、奥村が殺害されたとなると、村中で戦争が起こると言って顔を青くさせました。
 
 
しばらくして所轄署の日野昌平刑事が現れ、事件の捜査に加わりました。

日野刑事は、バスルートの道路脇で注射器が見つかったことを打ち明けます。その注射器からは、微量の毒物が検出されていました。

しかし、肝心の指紋は残っていませんでした。
 
 
バスに乗っていた者たちは、事情聴取が終わるまで影鍬村の駒井荘に滞在することになりました。

女将の駒井きぬが出迎えると、新開巡査は『ここは中立だ』と意味深な発言をします。

先ほどから『戦争』や『中立』など訳のわからないことを言っている新開巡査に対し、小五郎は詳しい説明を求めます。

しかし、きぬはそれを遮るようにして小五郎たちを客室へ案内しました。

コナンたちが縁側へ出て外の景色を眺めていると、隣のアパートの窓からバスガイドの塔子が顔を出しました。

その時、慌てた様子で現れた新開巡査は、『反対派』と『賛成派』が押しかけて来たと言い、小五郎に同行を求めます。

コナンと蘭も小五郎に付き添い駐在所へ駆けつけると、村人たちが激しく入り乱れ、揉み合いになっています。それはまるで戦場のような光景でした…。

小五郎は中へ入って仲裁を試みますが、突き飛ばされて転がり、挙句の果てには踏みつけられる始末。

それを見ていた蘭は、今までにないほどの大声を出し、村人たちの動きを制しました。

Sponsored Link

ネタバレ

その後、村人たちは引き上げて行き、なんとか騒ぎは収まりました。

蘭に怪我の手当をしてもらった小五郎は、一体この村で何が起きているのか説明して欲しいと新開巡査に頼みます。

事の発端は、村議会で『ボンネットバスを観光用に売り出す』と決まったことでした。

それ以来、村長の船木武彦と矢部が属する観光開発に積極的な賛成派と、亡くなった奥村助役が音頭を取る反対派が対立するようになりました。

もともとボンネットバスは、村の足として使われていました。

小さな村でみんな顔見知りということもあり、自然と自分の席が決まり、それを当たり前のように思っていました。

ところが、土日は観光客のために開けようということになったのですが、奥村をはじめとする反対派の村人たちは決して譲ろうとしませんでした。

こうしてますます対立は激しくなっていったのです。
 
 
この後、小五郎を訪ねて来た船木は、所轄署へ連行された矢部の疑いを晴らし、真犯人を見つけて欲しいと頼みます。

小五郎は、依頼料100万円と聞き、二つ返事で承諾したのでした。
 
 
さっそく聞き込みを始める小五郎ですが、村人たちは誰一人として口を開こうとしません。

そうしている間に日は暮れて行き、コナンと蘭は先に駒井荘へ戻ることにしました。

コナンは、船木が依頼料として100万円もの大金を支払うことが引っかかっていました。

そこでコナンは、過去にこの村で何か事件がなかったか新開巡査に尋ねます。

新開巡査は、7年前にバスの事故が起きたことをコナンに打ち明けました。

その事故で2名が亡くなったようですが、新開巡査がこの村に来る前のことだったらしく、詳しいことはわからないといいます。
 
 
 
その後、駒井荘へ戻ったコナンは、隣のアパートにいる塔子に声をかけ、7年前の事故のことを尋ねます。

その事故は、2人の乗客がお酒を飲んで暴れたため、運転を誤って崖から転落したというものでした。

しかし、塔子がこの村で仕事をするようになったのは半年前からで、それ以上のことは知らないようです。

ただ、事故が起きた場所だけは聞かされたようで、昼間にバスで通った慰霊碑のところだといいます。

その時、ちょうど料理を運んできた女将のきぬが、手を滑らせて茶碗を落としてしまいました。

きぬは、慌てて割れた茶碗を拾い、逃げるようにして部屋を出て行きました。

この時コナンは、塔子が睨みつけるようにしてきぬを見ていたことを見逃しませんでした。
 
 
 
その後、聞き込みを終えた小五郎が戻り、夕食をご馳走になることにしました。

結局、村人たちは小五郎に協力せず、何も聞くことはできなかったようです。

新開巡査の話では、村人たちが観光客を受け入れているのは表面的なもので、ゴミは持ち帰らない、自然は壊す、夜中まで騒ぐ、と実際には迷惑を被っているといいます。

しかし、情報を手に入れることができなければ真犯人を見つけ出すことは不可能です。

コナンは、どうにか村人たちから話を聞く方法はないかと頭を抱えます。
 
 
 
その夜、コナンは花束を持ったきぬが車で出かけて行く姿を目撃しました。

コナンは、咄嗟に車のトランクに乗り込み身を潜めます。

到着したのは、昼間通った慰霊碑のある急カーブでした。

きぬは、慰霊碑の前に花束を添え、手を合わせて涙ながらに何度も何度も謝罪します。

車の中で様子を窺っていたコナンは、塔子も自分と同じように覗き見していることに気づきました。
 
 
その頃、突然いなくなったコナンを捜していた蘭は、駒井荘の近くにある影鍬神社を訪れていました。
 
 
しばらくして、きぬは旅館へ戻ってきました。

停められた車からこっそり抜け出たコナンは、新開巡査と遭遇しました。

新開巡査は、矢部が証拠不十分で解放されたことを小五郎に知らせるために駒井荘へ来たようです。

その直後、神社から船木の呻き声が聞こえてきました…。

神社にいた蘭は、胸にナイフを刺されて倒れている船木に気づき声をかけます。

しかし、船木の傍にいた犯人らしき人物が蘭の存在に気づき、突然襲い掛かってきました。
 
 
新開巡査とともに神社へ向かっていたコナンは、蘭の悲鳴を聞いて焦りの色を見せたのでした…。

動画

「Hulu」で視聴する
※第1話から第897話まで
名探偵コナン
※本作品の配信情報は2020年5月3日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはhuluのホームページもしくはアプリをご確認ください。

「dTV」で視聴する
※第1話から第897話まで
名探偵コナン
※本作品の配信情報は2020年2月10日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

「U-NEXT」で視聴する
※第1話から第897話まで
名探偵コナン
※本作品の配信情報は2020年5月3日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

■ BACK:
第200話「容疑者・毛利小五郎(後編)」
■ NEXT:
第202話「10人目の乗客(後編)」

こちらでは、名探偵コナンの以下の事柄について迫りました。

■ アニメ版第201話「10人目の乗客(前編)」:
・事件ファイル概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・動画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう