名探偵コナン113話ネタバレや動画!白い砂浜殺人事件

シーズン3

こちらでは、名探偵コナンの以下の事柄について迫りたいと思います。

■ アニメ版第113話「白い砂浜殺人事件」:
・事件ファイル概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・エピローグ
・動画

名探偵コナン第113話|事件ファイル概要

事件ファイル


Sponsored Link

名探偵コナン第113話|登場人物

江戸川 コナン
CV:高山みなみ
実際は高校生探偵工藤新一。ひょんなことから薬を飲まされ、小学生の姿になった主人公。事件解決のため頭脳を生かし推理を巡らせ、次々と難事件を解決へ導く。

毛利 小五郎
CV:神谷明
毛利探偵事務所の主人。元刑事で蘭の父親。推理は的外れだがコナンの名推理のおかげで、“眠りの小五郎”として有名。

毛利 蘭
CV:山崎和佳奈
毛利小五郎の娘。高2年生、新一の幼馴染で空手部の女主将。

刑事
CV:藤本譲

関根 光子(せきね みつこ)
田中の元恋人。水死体で発見される。

山田 智子(やまだ ともこ)
CV:村井かずさ
光子の友人。

田中(たなか)
CV:大森章督
医師。

おばさん
CV:岡本嘉子
商店の店主。

おじいさん
CV:丸山詠二
毎日海を眺めている老人。

Sponsored Link

名探偵コナン第113話|あらすじ

コナンと蘭は砂浜に座り込み、沈んでいく夕陽をうっとりと眺めていた。事の発端は、小五郎が道を間違えた挙げ句、迷ってしまったことだった。そして迷いながらも海辺の町へとたどり着き、小五郎はさっそくバーで飲み出す始末。

すっかり辺りが暗くなった頃、コナンと蘭は小五郎を迎えにバーを訪れた。微酔の小五郎は、追加のビールとジュース2つを注文する。しかしその注文は蘭によって取り下げられた。

「なんだよ、俺はまだ飲み足んねェぞ」
「何言ってんの! もう10時過ぎてるのよ?」
「おじさん、天下の毛利小五郎がこんなところで酔い潰れたら、みっともないんじゃない?」

その時、近くのボックス席で飲んでいた男性が控え目に小五郎に声をかけてきた。男性は『眠りの小五郎』だと知り、一緒に飲もうと誘う。しかし男性と一緒に飲んでいた田中という男がそれを拒否した。

「名探偵だかなんだか知らないが、はっきり言って邪魔なんだよ!」

田中の発言で不愉快な思いをした小五郎は、コナンと蘭を連れてバーを出ようとする。その時、慌てた様子で女性が駆け込んできた。女性は真っ直ぐ田中のところへ足を運んだ後、『光子を知りませんか?』と問う。

女性・山田智子は、1時間待っても約束した店に友人の関根光子が現れず、自宅にもいないと話す。間を置かずに田中は涼しい顔で『知らない』と答えた。

────

翌日。コナンたちは再び砂浜を訪れた。二日酔いの小五郎は、パラソルの下で休んでいた。コナンと蘭は、ゴーグルとシュノーケルをつけ、シュノーケリングを楽しんでいた。

コナンたちは、海中で合図をしながら先へと泳ぎ進んで行く。岩場の近くにはゆらゆら揺れている海藻のようなものが見えた。近づいてみると、なんとそれは若い女性の水死体だった……。

その後、警察が駆けつけ、女性の遺体は砂浜へと運ばれた。智子は、泣き叫びながら遺体へ駆け寄る。亡くなった女性は、昨夜智子が捜していた光子だった。

そこへ白衣を着た田中が現れた。この町一番の名医だという田中は、刑事から検死を頼まれたようだ。

検死を始めた田中は、自殺かもしれないと話す。光子の体には外傷や抵抗の痕が見られないのだ。田中は、光子がボートに乗って沖へ出て、足首に重りの石を結びつけ、入水自殺したと推理する。

智子は田中を睨みつけ、自殺ではなく田中が殺したのだと主張する。コナンと小五郎は、智子から詳しく話を聞くことにした。

智子の話によると、田中は光子と付き合っていた、つまり恋人同士だったという。結婚の約束までしていたが、田中は大病院の院長の娘と婚約した。そこで邪魔になった光子を殺したのだ、と。

「今だって他人のフリを。付き合ってた彼女が死んだのに顔色一つ変えないなんておかしいじゃない!」
「確かに、怪しいな」
(その通りだ。遺体の状況から考えると、あの人が犯人の可能性が高い)

智子の悲痛な訴えに頷くコナンと小五郎。そして小五郎は、光子の無念を晴らしてみせると約束したのだった。

────

その後、警察署を訪れた小五郎たちは、病院での更なる検死の結果を田中から聞く。死因は溺死、死亡推定時刻は昨夜の10時過ぎ。

小五郎は、さっそく田中のアリバイを確認する。田中は、午後8時から夜中まで友人とバーで飲んでいたと証言。そのバーは小五郎に会った場所だという。

バーから遺体の発見された砂浜までは車で10分以上かかる。そして犯行時刻の午後10時過ぎは、コナンと蘭がちょうど小五郎を迎えに行った頃。つまり、田中のアリバイは小五郎が証明しているということだ。

小五郎は、田中が死亡推定時刻を偽っていると考え、刑事に頼んで他の医師に再検査してもらうことになった。しかし田中の意気揚々とした態度は変わらない。

(再検査をしても、あの人の自信たっぷりな様子から見れば、恐らく結果は同じだろう)

そう考えたコナンは、田中のアリバイを崩すため、探検と称して自転車を借りた。

Sponsored Link

名探偵コナン第113話|ネタバレ

自転車で砂浜を訪れたコナンは、海の家で休んでいた老いた男性に話しかける。老人は、毎日ずっと海を見ているという。コナンは昨日、何か変わったことがなかったか尋ねる。

「変わることって言やァ、毎日流れてくるゴミぐれェのもんだ」

潮の関係で、この辺りの海のゴミは全て砂浜に流れ着くという。コナンは、流れ着いたゴミの山から真新しい浮き輪を発見した。その浮き輪は今日流れ着いたらしく、小さな穴が開いていた。

(そうか! もしかしたら……)

コナンは、空のペットボトルを何本か持ち、町のあちこちから海へそれを投げ込んだ。そして再び砂浜へ戻り、ペットボトルの到着を待つ。すると1本だけ流れ着いた。

────

その頃、小五郎は警察署の一室で再検死の結果を聞かされていた。それは田中が出したものと同じだった。

「さてと、どうしてくれるんです? 無実の人間を疑ったりして、それが名探偵のすることですか?」
「ちょちょっと失礼。トイレに……」

小五郎は、トイレへ行くフリをして部屋を抜け出した。それを待ち構えていたコナンは、腕時計型麻酔銃を使って小五郎を眠らせる。

「来た来た、来ましたよ! みなさん、お待たせしました。隣の部屋に来て下さい」

コナンは、蝶ネクタイ型変声機で小五郎の声を使い、みんなを隣の部屋へ集める。そして推理を始めた。

今回の事件は、自殺ではなく殺人事件。そして犯人は、田中医師だ。

田中は、被害者の死亡推定時刻にバーで酒を飲んでいたというアリバイがある。しかし酒を飲みながらでも光子を殺すことは可能だった。

光子が絶命したのは、コナンたちが遺体を発見した場所に間違いない。しかし本当の犯行現場は、別の場所にあったのだ。

まず田中は、光子をどこか別の場所に呼び出し、クロロホルムなどの薬品で光子を眠らせた。医者である田中なら容易に薬品を手に入れられるはずだ。

そして光子の足に重りの石をロープで結びつけ、小さな穴を開けた浮き輪に乗せて海に浮かべた。そのあと田中はアリバイを作るため、すぐに友人とバーに酒を飲みに行った。その間も浮き輪に乗った光子は、生きたまま海流に流されていた。

この辺りの海岸線には、海水浴場に向かって流れる潮の流れがある。そうして光子は生きたまま海岸まで流されて行った。そうするうちにも浮き輪からはどんどん空気が抜け、遂には重さを支えきれなくなり、光子は海へ沈んで行った。

浮き輪から空気が抜ける速さを考えると、田中が光子を海に流したのは午後7時頃。田中がバーに顔を出したのは8時。となると7時頃のアリバイはない。

「バカな! そんなのはただの推測だ! それに浮き輪を使って自殺したとも考えられるじゃないか」

小五郎は、遺体の足元を撮った写真を持ってくるように刑事に頼む。そしてその写真と同じように自分の足に紐を結ぶように蘭に命じる。

「できたよ、お父さん」

写真と蘭の足元を比べると、結び目が逆になっている。普通、自分で自分の足を縛れば、蘭のような結び目になる。つまり写真の結び目が逆になっているということは、犯人が手前から縛ったということ。

コナンは、浜辺で見つけた小さな穴の開いた浮き輪をみんなに見せる。それは田中が犯行に使った浮き輪だ。

田中が浮き輪を買った店を見つけるのは簡単だった。なにしろここは小さな町。店のおばさんは、誰が何を買ったかきちんと把握しており、先週田中が浮き輪を買って行ったこともしっかり覚えていた。

「それに余程このトリックに自信があったんですなァ。浮き輪についた指紋を拭き取ることもしないなんて」

言い逃れができなくなった田中は、その場に膝をついて項垂れた。

名探偵コナン第113話|エピローグ

帰り道。小五郎が運転する車の中で、もう1日遊んでいきたかったとボヤく蘭。

「お父さん、また道間違えてもいいよ?」
「バーロー! 昨日は俺が道を間違えたんじゃねェ。事件がこの名探偵毛利小五郎を呼び寄せたんだ」
(はは……、結局は間違えたんだろ?)

───

暫くして、車は再び出発地点の海岸へと戻って来た。つまり振り出しに戻ったということだ。小五郎は、難しい顔で地図を眺める。

「わかった! 海が僕たちを呼び寄せたんだよ。もう一泊していけって」
「バーカ。んな訳ねェだろ」
「だって、じゃなきゃおじさんが道を間違える訳ないじゃない!」
「そうよ、海に呼ばれたんだから間違えるのも仕方ないよ」
「だよな。でなきゃこの俺が間違える訳ねェもんな」

こうしてコナンたちはもう一泊することになった。

(ほんと乗りやすい性格……)

名探偵コナン第113話|動画

「YouTube」で視聴する

※【名探偵コナン】の公式 YouTube チャンネル

「Hulu」で視聴する

※第1話から第891話まで
名探偵コナン
※本作品の配信情報は2020年3月16日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはhuluのホームページもしくはアプリをご確認ください。

「dTV」で視聴する

※第1話から第891話まで
名探偵コナン
※本作品の配信情報は2020年3月16日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

「U-NEXT」で視聴する

※第1話から第891話まで
名探偵コナン
※本作品の配信情報は2020年3月16日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

■ BACK:
第112話「帝丹小7不思議事件」
■ NEXT:
第114話「スキューバダイビング殺人事件(前編)」

こちらでは、名探偵コナンの以下の事柄について迫りました。

■ アニメ版第113話「白い砂浜殺人事件」:
・事件ファイル概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・エピローグ
・動画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう