名探偵コナン第992話「町屋カフェでの事件」のあらすじ!登場人物や声優も

シーズン25

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第992話「町屋カフェでの事件」の登場人物やあらすじを紹介させていただきます。

事件ファイル概要

事件ファイル

Sponsored Link

登場人物

主要キャラ

江戸川 コナン
CV:高山みなみ

毛利 蘭
CV:山崎和佳奈

鈴木 園子
CV:松井菜桜子

目暮 十三
CV:茶風林
警視庁捜査一課強行犯三係の警部。

高木 渉
CV:高木渉
警視庁捜査一課強行犯三係の刑事。

千葉 和伸
CV:千葉一伸
警視庁捜査一課強行犯三係の刑事。

ゲスト

富田 智(とみた さとし)
CV:川村拓央
37歳。店長。

酒井 千登勢(さかい ちとせ)
CV:江口拓也
19歳。アルバイト。

野中 健司(のなか けんじ)
CV:今村直樹
42歳。客。カフェ経営者。

古川 義久(ふるかわ よしひさ)
CV:落合福嗣
34歳。客。

Sponsored Link

あらすじ

町家カフェへ

コナン、蘭、園子はおからを使った糖質オフのドーナツを出す町家カフェ『杜蒸庵』にやってきました。

店長の富田智に案内されて席につくと、園子はさっそくメニューを広げ、ダージリンティーと柴漬け&クリーム、抹茶マヨネーズを2つ、チョコドリームを2つ、プレーン、黒蜜ちりめんパフェを注文しました。

コナンは、園子と同じものを注文する蘭に仰天し、このあと一気に運ばれてきた大量のスイーツを見て呆れ果てました。

その時、園子は店内にいる客2人が不審な動きをしていることに気づきました。

1人目の古川義久は辺りをキョロキョロしていて落ち着きがなく、2人目の野中健司はずっとドーナツを観察して撮影しています。

コナンも2人の客に注目すると、厨房の方からドーナツを揚げる音と、ピピピッというタイマーの音が聞こえてきました。

事件発生

このあと、蘭と園子は運ばれてきたスイーツを全て平らげ、お茶を飲みながら一休みしていました。

すると、どうやら野中も食べ過ぎたらしく、お腹を押さえながらゆっくりトイレの方に歩いて行きました。

その直後、店内に野中の悲鳴が響き渡り、コナンは慌ててトイレに急行しました。すると、そこには頭から血を流して倒れている富田の姿がありました。

恐らく、凶器は床に倒れているモップで、落ちている手袋は指紋を残さないためのものと思われます。

Sponsored Link

捜査開始

このあと、駆けつけた救急隊員によって富田は病院に搬送され、目暮警部たち警察は事件の捜査を始めました。

容疑者は店内にいたアルバイトの酒井千登勢、そして客の古川と野中の3人です。そこで目暮警部は、富田がトイレに入ったあとの行動を3人に確認することにしました。

酒井は厨房でドーナツを揚げていて、一切客席の方には行っていないと証言。古川はずっとテーブルを離れずにいたと証言。野中はトイレに行った時にはすでに富田が倒れていたと証言しました。

つまり、富田がトイレに行ってから席を立ったのは野中だけということです。さらに、近所でカフェを経営している野中がいつもこの店に偵察に来ていたことが明るみになり、目暮警部の疑いは野中に向けられました。

一方、コナンは容疑者3人が居た位置からトイレまでの道筋を考え、誰が犯人なのかを見破ったのですが──。

続きはネタバレ記事で紹介します!

関連記事

まとめ

■ BACK:
第991話「オートマティック悲劇(後編)」
■ NEXT:
⇒ 第993話「代役・京極真(前編)」

こちらでは、アニメ「名探偵コナン」の第992話「町屋カフェでの事件」の登場人物やあらすじを紹介させていただきました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう